人命救助に命をかけるシカゴ消防局51分署の消防士たちの活躍と友情をリアルに、そして感動的に描く『シカゴファイア』。そのシーズン6が、5月30日(木)よりAXNにて日本独占初放送となる。

【関連記事】『シカゴ・ファイア』デヴィッド・エイゲンバーグの素顔に迫る5つの問答

衝撃的な展開で幕を閉じ、全米が騒然となったシーズン5の最終話。火のまわった建物で立ち往生したセブライド、マウチ、ハーマン、そしてケイシー。死を覚悟したケイシーは、妻のガブリエラ・ドーソンに愛の言葉を贈った。蒸し焼きになる危険性があるものの、大隊長のボーデンは苦渋の決断をして放水の指示を出すことに...。

シーズン6では、新たなチャレンジや恋愛関係を通して隊員の成長がエモーショナルに描かれる。中隊長として新たな責務を負ったケイシーは、火災時の救出方法を巡り、セブライドと意見が対立するなど、リーダーとしての難しさを痛感する。一方、ドーソンはケイシーとの関係ですれ違いが続く中、救急隊員としてプエルトリコに行く話が持ち上がる。セブライドはアパートから追い出されたキッドと暮らすことになり、いい雰囲気になるが、元恋人のレネーが現れ...。

シーズンから引き続き、ジェシー・スペンサーマシュー・ケイシー役)、テイラーキニー(ケリー・セブライド役)、イーモン・ウォーカー(ウォレス・ボーデン役)、モニカレイモンド(ガブリエラ・ドーソン役)、カーラ・キルマー(シルビーブレット役)、デヴィッド・エイゲンバーグ(クリストファー・ハーマン役)、ミランダ・レイ・メイヨ(ステラキッド役)、ユーリ・サルダロフ(ブライアン・"オーチス"・スヴァナチェック役)、クリスチャン・ストールティ(ランディ・"マウチ"・マクホランド役)らが出演している。

また今シーズンも、第13話で『シカゴ P.D.』とのクロスオーバーエピソードが登場。テレビ局の番組収録中に爆発が起こり、軍用の爆薬を使ったプロ仕様の即席爆弾だと判明。ボイト(ジェイソン・ベギー)率いるシカゴ警察の特捜班は、ボーデンやセブライドたちと連携して次の爆破事件を阻止しようとする。

■『シカゴ・ファイア』シーズン6 放送情報


AXNにて
[字幕版] 5月30日(木)11:00PMスタートDRAMAX 11》
[二カ国語版] 5月31日(金)11:00AMスタート

海外ドラマNAVI

Photo:『シカゴファイアシーズン6
(c) 2017 OPEN 4 BUSINESS PRODUCTIONS LLC. All Rights Reserved.