UEFA(欧州サッカー連盟)は、ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに対して処分を行う決定を下したようだ。イギリスBBC』が報じた。

C・ロナウドは、12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのアトレティコ・マドリー戦でハットトリックを達成し、チームベスト8へと導いた。しかし、その際のゴールパフォーマンスでは、アトレティコディエゴ・シメオネ監督が見せた股間を両手で囲うパフォーマンスを披露。これが問題視されていた。

UEFAは、シメオネ監督に対し、不適切な振る舞いであるとして2万ユーロ(約250万円)の罰金を科しているが、C・ロナウドは自チームサポーターパフォーマンスをしたシメオネ監督とは違い相手であるアトレティコサポーターへ向けてパフォーマンスをしたことで、悪意性が高いとされている。

果たして、どのような処分が下るのか。少なくともシメオネ監督と同じ金額の罰金は免れられないだろう。処分内容は21日に決定する。

サムネイル画像