本日1月28日に発売されたCocohana3月号(集英社)には、勝田文の読み切り「チビのおでん」が掲載されている。

【大きな画像をもっと見る】

「チビのおでん」は、おでん屋を営む童顔でチビの女将を描いたハートフル読み切り。母親が亡くなってからひとりでおでん屋を切り盛りする主人公の、少し不思議な日常が30ページで繰り広げられる。

また今号では、池田理代子ベルサイユのばら」の連載40周年記念連載「ベルばら倶楽部」に、ヤマシタトモコとカトリーヌあやこが登場。それぞれ「ベルばら」の好きなシーンイラストマンガで語っている。

表紙と巻頭カラーには、単行本1巻が発売されたばかりの稚野鳥子「クローバーtrèfle」が登場。なおコミックナタリーでは稚野へのインタビュー記事を掲載中なので、未読のファンは下記リンクよりご覧あれ。

勝田文の読み切り「チビのおでん」扉ページ。(C)勝田文/集英社