応募条件は65歳以上、今回が初開催となったコンテスト「美寿コンテスト2019」の最終選考会が3月14日SONOKO銀座店で行われた。多数の応募者の中から選ばれたファイナリスト5人が集結。グランプリを獲得したのは茨城県土浦市在住の遠藤まつ子さん、御年88歳だ。

◆66歳から91歳の5人が登壇

 美寿コンテストは「美白の女王」として‘90年代に一躍、その名を轟かせた鈴木その子氏が創業した株式会社SONOKOがプロデュース。「美」と「健康」そして「幸せ」を実現させている女性を讃え、表彰する目的で開催された。

 記念すべき第1回美寿コンテストファイナリストには、66歳から91歳までの健やかな魅力を持つ女性たちが選出。最終選考会の審査員は元宝塚宙組の悠未ひろ氏、美容ジャーナリストの山崎多賀子氏、Gライフスキルコーチの土屋未来氏の3人が務めた。

 最終選考は、ファイナリストによる「健康」と「幸せ」についてのスピーチで審査。5人はそれぞれ、ジムや体操などのエクササイズ、食事を楽しむこと、ピアノや歌などの趣味など、歳を重ねても溌剌と過ごす秘訣について語った。

 結果発表の前には、今回諸事情により最終選考に間に合わなかった「6人目のファイナリスト」門田真乍子さん(84歳)が会場に遅れて到着。74歳から柔軟体操を始め、できるようになったという開脚とY字バランスを披露して、会場を大いに盛り上げた。

◆「おしゃれは健康の源」グランプリは88歳の遠藤さん

 いよいよ結果発表の時間だ。栄えあるグランプリに選ばれたのは、遠藤まつ子さん。遠藤さんは突然自分の名前が発表されたことにとても驚いた様子。

「驚きました。皆さまありがとうございます。今回の受賞でその子先生も喜んでくださっていると思います」とコメントした。

 準グランプリには湊美都子さん(75歳)と五戸富美子さん(74歳)が選出。湊さんは「益々その子食品やサプリを愛用して、元気に長生きさせていただきたい」とコメント。続いて、五戸さんは「まさか賞を頂けるとは思っていなかったので幸せを感じています。青森に帰ったら自慢します」と話した。

 特別賞には藤井幸子さん(66歳)、中尾貞子さん(91歳)が選ばれた。

 審査員の山崎氏は遠藤さんグランプリに選んだ理由として、遠藤さんが「おしゃれも、化粧も健康の一つ」だと語ったことを挙げた。「もちろん人間は内面が大切だけど、外側も大切にすることによって人生が充実するということをファイナリストの皆さまを見て実感した」と今回のコンテストを山崎氏は総評した。

◆受賞直後の遠藤さんを直撃!

――グランプリ受賞おめでとうございます。今回、美寿コンテストに応募したきっかけはなんですか?

遠藤:ありがとうございます。実は私が応募したのではなくて、娘が応募してくれました。グランプリを取るとは想像もしていなかったので、今でも驚いています。

――鈴木その子さんとは長いお付き合いだそうですが、出会いのきっかけはなんですか?

遠藤:娘が大学に入学してからストレスを感じて食事を取れなくなり、その子先生のところに行ったことがきっかけです。娘の体調不良が治るならばと、その子先生のところに通いました。その子先生とは歳も近く、戦争経験などで共感する部分がありました。先生から食事方法以上に「生き方」を学びましたね。先生の生き方を学びつつ、自分で考えることが大切だと考えています。

――スピーチのなかで「おしゃれをすること」が健康の秘訣とおっしゃっていましたが、今日のファッションポイントは?

遠藤:娘が中学に入学するときに西武デパートで買ったワンピースです。その頃の服を今でも着ることができるということは、体型が変わっていないということですね。40年ぐらい前に勤めているときに実家の近くで音楽会の司会をやっていたのですが、そのときの服は今でも着ることができます。昨年10月に出演したピアノの発表会で音楽会の司会の頃の服を着ていて、みんなに「40年前の服を着ているの!?」と驚かれました。

――いくつになっても健康で過ごしてこられた理由について教えてください。

遠藤:一本の筋を持って生きてきたので、この歳まで生きられたのかなと思います。これからも元気に生きていきたいですね。

 88歳の遠藤さんだけではなく、対象年齢の下限である「65歳」を多く上回るファイナリストが数多く誕生した本コンテスト。年を重ねてなお、生き生きと毎日を過ごす先達から学ぶことは性別を問わず、少なくないはずだ。

<取材・文/井上紗希 撮影/山田耕司>