糖尿病診断の1つの指標であるグルコースブドウ糖)数値。糖尿病患者にとってこの数値の把握は、重要な健康管理につながる。

・デバイスとアプリのセット使い

カリフォルニアスタートアップリリースした「keto-mojo」はグルコースとケトン体を計測するスマートメーター。ケトン体はアセト酢酸、3-ヒドロキシ酪酸(β-ヒドロキシ酪酸)、アセトンの総称。脂肪酸およびアミノ酸の不完全代謝産物で、ダイエットやさまざまな生活習慣病に役立つ、と今大注目の物質だ。

「keto-mojo」は本体デバイスと専用アプリセットで利用する。使うときは本体のBluetoothコネクタからキャップを外し、インジケータライトを上に向けてコネクタをメーターのストリップポートに挿入する。お次はデバイスBluetoothをオン。インジケータが青く点滅し、メーターディスプレイに“PC”と表示されたらメーターの同期準備が完了だ。

最後にスマートフォンアプリを開き、左下隅にある同期ボタンを押す。点滅中のBluetoothライトが青色に点灯すれば、無事に接続された証拠。そこから同期が開始され、同期が完了すると進行状況を示すホイールが表示される。

・ダイエットにも!

アプリ上では、さまざまな形式でデータを確認できる。グルコースからケトンへの切り替え、日付範囲によるチェック、過去の結果のスクロールの他、自身の測定結果をCSVファイルダウンロードすることも可能だ。

糖尿病患者のみならず、ダイエッターの目標達成にも大いに役立つという本品。価格は59.99ドル(約6700円)から。公式ホームページより購入可能だ。アプリiOSAndroidともに無料。

keto-mojo

糖尿病患者のためのデバイス「keto-mojo」はグルコースとケトンの数値を簡単に測定!