麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたピエール瀧容疑者(本名:瀧正則)が出演する映画『麻雀放浪記2020』の公開に関する会見が20日、東映本社で行われ、配給会社の東映株式会社代表取締役社長の多田憲之氏と監督を務めた白石和彌が出席。多田氏が予定通り、4月5日にノーカットで公開することを正式に発表し、白石監督が瀧容疑者への今の思いを目に涙を浮かべながら打ち明けた。

【写真】映画『麻雀放浪記2020』フォトギャラリー

 本作は、阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説『麻雀放浪記』を、和田誠監督の映画化以来35年ぶりに再び映画化。原作のスピリットを受け継ぎながら、設定もキャラクターも大胆にアレンジ。和田版を生涯ベストの1つと公言する斎藤工主人公・坊や哲を演じており、瀧容疑者は、坊や哲の運命を揺り動かす元五輪組織委員会長という重要な役どころを演じている。

 事件発覚後、関係各所と協議を重ねてきたという東映。多田氏は「容疑が事実なら決して許されることではなく、大変憤りを感じている」と触れつつも、「罪を犯した一人の出演者ために、作品を待ちわびているお客様に公開しないという選択肢はとらないという結論に至った。劇場での上映は有料で、鑑賞の意志をもったお客様が鑑賞するクローズドなメディアなので、テレビやCMと異なる。賛否両論の意見があると思うが公開します」と宣言した。

 現状、関係各所と協議は続いていて、今回の決定は配給を受け持つ東映としての判断。今各所に理解してもらってる段階で、すべての会社が総意なわけではないという。劇場側もまだ知らないそうで、現状51スクリーンで公開を予定しているが、「劇場からのどういうリアクションがあるかは分からない」とのこと。公開時の対応として、チケットを購入する客に対しては、瀧容疑者が出演しているという注意喚起をポスターや上映前などに行い、フォローしていくという。

 一方、白石監督は逮捕の一報を聞いたとき、「驚き、容疑者に対して抑えられない憤りを感じた」と怒りをにじませ、「編集や追撮も考えましたが、東映さんに本当の気持ちを問われ、僕がベストだと思った形で公開したいと伝えました。この映画に関わったみんなが薬物に対して反対な立場。だけど、個人が犯した罪で作品そのものには罪はないんじゃないかと思う。大変でしたが、現状こういう形で公開できたことをほっとしています」と今の思いを告白。

 白石監督はこれまで5作品で関わってきた瀧容疑者に対して、「僕を監督として大きく引き上げてくれた一人。彼のもってるキャラクターと男っぷりなどに惚れて仕事をしていました」と明かし、「20代の頃からやっていたとニュースで知ったけど、仕事をしているときは僕にはわからかった。今は言葉にできないし、バカヤローとしか言いようがない。今は自分の罪を反省して、薬を治療して人として歩いてほしい」と目を潤ませながら更生を訴えた。

 映画『麻雀放浪記2020』は4月5日より全国公開。

映画 『麻雀放浪記2020』公開に関する会見に出席した、白石和彌監督 クランクイン!