2019年3月25日付(集計期間:2019年3月11日2019年3月17日)の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”では、Sexy Zoneの約1年ぶり、通算6作目のオリジナルアルバムPAGES』が総合首位を獲得した。

 2019年3月13日リリースされた『PAGES』は、124,347枚を売り上げてCDセールス1位をマーク。初週売上枚数としては前作からほぼ横ばいとなる数字を記録した。またルックアップでは、あいみょん『瞬間的シックスセンス』、ONE OK ROCK『Eye of the Storm』に続き、当週の初登場作品としては最高位となる3位をマークしている。

 総合2位には、sumikaの1年8か月ぶり、通算2作目のオリジナルアルバムとなる『Chime』が初登場。初週34,359枚を売り上げてCDセールス5位、ルックアップ7位をマークした本作は、4,796DLを売り上げたダウンロードで1位に。総合順位は前作『Familia』の初週8位を上回り、自己最高位を更新した形で、その間の大きな躍進が読み取れる。

 総合3位にはデビューしたのは、私立恵比寿中学の結成10周年を記念した作品で、岡崎体育、吉澤嘉代子、ももいろクローバーZ宮藤官九郎らが参加した最新アルバムMUSiC』。初週46,097枚を売り上げて2位となったCDセールスが牽引するチャート・アクションを見せている。

 前週総合1位を獲得したTWICE『#TWICE2』は、当週36,175枚を売り上げてCDセールス4位、累計25万枚を目前とした。また、ダウンロードでも同じく4位となっており、リリース2週目も根強いセールスを維持している。ベストアルバムという性質上、ライトユーザーによるレンタル需要も高いことが予想されるので、3月23日の解禁以降、ルックアップの動向に注目したい。

 総合トップ5ラストに収まったのは、動画投稿サイトを中心に活動する“歌い手”たちによるディズニー公式カバーアルバムCONNECTED TO DISNEY』。2018年9月にリリースしたアルバム『イザナワレトラベラー』が当チャート初登場2位を獲得したAfter the Rainとしても活動するそらるまふまふの二人も参加した本作は、CDセールス3位、ダウンロード27位、ルックアップ12位をそれぞれマークしている。

 メンバーピエール瀧麻薬取締法違反の疑いにより逮捕された電気グルーヴの作品に対する販売中止措置に関して、賛否の声が多くあがっている。公式サイトの声明によると、3月13日付で作品の出荷および配信が停止されているが、当週チャートの集計開始日は3月11日であるため、停止措置までの間にセールスをあげた複数の作品がチャートイン。電気グルーヴ1月23日リリースした結成30周年記念アルバム『30』が11位にエントリーしたほか、39位に『電気グルーヴゴールデンヒッツ~Due To Contract』、68位に『SINGLES and STRIKES』、84位に『クラーケン2018』、91位に『A』、97位に『VITAMIN』がそれぞれチャートイン、全6作品がトップ100入りを果たしている。


◎【HOT ALBUMS】トップ20
1位『PAGES』Sexy Zone
2位『Chime』sumika
3位『MUSiC私立恵比寿中学
4位『#TWICE2』TWICE
5位『CONNECTED TO DISNEY』(ディズニー)
6位『バンドリ! ガールズバンドパーティ! カバーコレクション Vol.2』(キャラクターソング)
7位『瞬間的シックスセンスあいみょん
8位『Eye of the StormONE OK ROCK
9位『31313』Silent Siren
10位『LIPSEKAI NO OWARI
11位『30』電気グルーヴ
12位『POP VIRUS星野源
13位『EYE』SEKAI NO OWARI
14位『BOOTLEG』米津玄師
15位『Funky Flag鈴木雅之
16位『ボヘミアン・ラプソディ(オリジナルサウンドトラック)』クイーン
17位『ガールブルーハッピーサッド』三月のパンタシア
18位『Sympa』King Gnu
19位『青春のエキサイトメント』あいみょん
20位『うたの☆プリンスさまっ♪HE★VENSミニアルバムアンセム フォーエンジェル」』鳳瑛一(緑川光),皇綺羅(小野大輔),帝ナギ(代永翼),鳳瑛二(内田雄馬),桐生院ヴァン(高橋英則),日向大和(木村良平),天草シオン(山下大輝)

【ビルボード】Sexy Zone『PAGES』が総合アルバム首位 sumika『Chime』は2位で自己記録更新