■すべてを受け止め、静かに涙を流すTAKAHIRO…

【動画】映画『僕に、会いたかった』予告編

日本の音楽シーンリードするダンスボーカルグループEXILEボーカリストとして確固たる人気を誇り、俳優としても活躍するTAKAHIROが、満を持して映画で初めて単独主演した感動作『僕に、会いたかった』が5月10日に全国公開。
このたび、あらたなポスタービジュアル予告編が完成した。

『僕に、会いたかった』は、島根県隠岐の島の壮大な自然を舞台に、家族との「今」を大切にしたくなる、絆と再生を描いた感動の人間ドラマ

記憶を失くした漁師・徹を演じるTAKAHIROのほか、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生(M!LK)ら、今が旬の若手俳優たちが出演。松坂慶子、小市慢太郎ら実力派のベテランが物語を支える。監督は、何気ない日常をとらえる描写力と柔らかな映像センス定評がある錦織良成。

あらたなポスタービジュアルでは、舞台となる島根県隠岐の島美しい風景も織り込まれ、主人公・徹を中心に、柔らかな表情の登場人物たちを配置。徹の葛藤を優しく支える家族や島の人々との繋がりを示唆するビジュアルとなった。

予告編は、嵐の中、荒波に揉まれる漁船の上で雨に打たれながら悲痛な叫び声をあげる徹の緊迫したシーンからスタート。記憶を失い、穏やかな日々の中でも葛藤する徹。そんな彼を支える人々の真摯な優しさがていねいに紡がれていく。そして語られる、温かくも切ない“秘密”とは……。すべてを受け止め、静かに涙を流すTAKAHIRO演じる徹の表情は必見だ。

それぞれが人生の一歩を踏み出してく姿を映し出す、エモーショナルな予告編となった。

ラストカットは、冒頭とはまったく異なる、穏やかな海の上を進む船の姿。雲の切れ目から降り注ぐ現象は“天使のはしご”と言われ、隠岐の島美しいロケーションがこの感動を不動のものにしている。





映画情報
『僕に、会いたかった』
5月10日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
出演:TAKAHIRO /山口まゆ 柴田杏花 板垣瑞生 浦上晟周 小野花梨/宮本裕子 吉野由志子 川村沙也 斉藤洋一郎 清水 宏 山下容莉枝/秋山真太郎 黒川芽以
小市慢太郎 /松坂慶子
監督:錦織良成
エグゼクティヴ・プロデューサーEXILE HIRO
脚本:錦織良成 秋山真太郎
配給:LDH PICTURES
(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会

予告編はこちら
https://youtu.be/Akd8ihHeRtM

『僕に、会いたかった』作品サイト
https://bokuai.jp/


EXILE OFFICIAL WEBSITE
https://exile.jp/
(M-ON! MUSIC NEWS
掲載:M-ON! Press