2019年春、高速バスの新路線が数多く誕生。東日本においては、これまで大都市圏から直通の高速バスがなかった栃木県遊園地への路線や、圏央道を活用し川越と藤沢を結ぶ路線などがあります。

二子玉川から鴨川シーワールドへ直通

2019年春、全国で高速バスの新路線が誕生。今回は東日本で3月から4月にかけて新設されるおもな路線を、運行開始済みのものも含めて紹介します。

二子玉川・渋谷~安房鴨川線「シーバレー号」

・運行会社:東急トランセ(鴨川日東バスと日東交通の共同運行路線に参入)
・運行開始日:2019年3月1日(金)
・区間(主な停車停留所):二子玉川ライズ・楽天クリムゾンハウス渋谷駅木更津地区(金田バスターミナルなど)~鴨川地区(安房鴨川駅、鴨川シーワールド、亀田病院)
・便数:2往復(渋谷発着便および鴨川日東バス便、日東交通便の合計で7.5往復)
・所要時間:最短2時間30分(二子玉川ライズ・楽天クリムゾンハウス~亀田病院)
・大人片道運賃:1450~2650円(区間により異なる)

2018年10月に運行を開始した鴨川日東バスと日東交通の渋谷~安房鴨川線に、東急トランセが加わり、一部便を渋谷駅から二子玉川駅まで延長する形で本開業。あわせて路線愛称「シーバレー号」が制定されました。

東京湾アクアラインを経由して東京都内と房総半島を結ぶ路線は、おもに東京駅バスタ新宿に発着していますが、この路線のように渋谷マークシティのバスターミナルを発着するものも近年、相次いで新設されています。

郡山~富岡線

・運行会社:福島交通、新常磐交通
・運行開始日:2019年3月8日(金)
・区間:郡山駅前~環境創造センター福島県三春町)~富岡駅前
・運行本数:3往復(平日のみ)
・所要時間:2時間30分(郡山駅前~富岡駅前)
・大人片道運賃:900~2200円(区間により異なる)

2011(平成23)年の東日本大震災、および福島第一原発事故で被災した福島県浜通り地域の産業を回復する国家プロジェクト「福島イノベーション・コースト構想」の推進機構が主導する実証運行路線です。郡山駅常磐線の富岡駅(福島県富岡町)のあいだを磐越道経由で運行。途中、いわき市内の差塩(さいそ)PAで休憩も実施されます。

栃木県の老舗遊園地へ、東京から直通バス登場

圏央道を活用した新路線や、東京直通の高速バスが新規開設される遊園地もあります。

川越~藤沢線「圏央ライナー川越湘南線」

・運行会社:東武バスウエスト神奈川中央交通西
・運行開始日:2019年3月16日(土)
・区間:川越地区(神明町車庫、本川越駅川越駅西口)~本厚木駅~藤沢地区(辻堂駅北口、藤沢駅北口)
・運行本数:2往復
・所要時間:2時間30分(神明町車庫~藤沢駅北口)
・大人片道運賃:1800~2000円(区間により異なる)

都心を経由せず、圏央道で川越と本厚木、藤沢を直結します。川越、藤沢ともインバウンド(訪日観光客)に人気の観光地であり、鉄道では必ず乗り換えが必要ですが、トイレ付きバスでゆったりと、直通で移動できることをウリに、観光需要の掘り起こしを狙います。

東京駅~那須ハイランドパーク~友愛の森線「那須ハイランドパーク号」

・運行会社:関東自動車
・運行開始日:2019年3月15日(金)
・区間:東京駅~那須地区(板室温泉、那須ハイランドパーク、友愛の森など)
・運行本数:1往復(運休日あり)
・所要時間:3時間4分(東京駅~友愛の森)
・大人片道運賃:2700~3400円(区間により異なる。那須地区内のみの運賃も設定あり)

2019年で開園50周年を迎える栃木県那須町の遊園地「那須ハイランドパーク」へ、東京駅から直接乗り入れる高速バスが初登場。同園は近年、いわゆる「痛車」やコスプレイベントなどで人気を集め、低迷していた業績を大きく回復しており、テレビなどでも取り上げられています。

東京駅発は午前7時、那須地区(友愛の森)発は15時40分です。ジェイアールバス関東関東自動車(旧・東野交通)が運行する新宿~塩原温泉・那須温泉線の新ルートという位置づけで、ジェイアールバス関東のきっぷ売り場などでも乗車券を取り扱います。

東京~象潟・本荘線「エクスプレス鳥海号」

・運行会社:関東バス東京都)、羽後交通
・運行開始日:2019年4月1日(月)
・区間:東京駅~象潟駅前~仁賀保駅前~本荘駅前・本荘営業所
・運行本数:1往復(夜行)
・所要時間:8時間55分(東京駅~本荘営業所)
・大人片道運賃:9020~9440円(区間により異なる。那須地区内のみの運賃も設定あり)

東京駅秋田県南部の日本海側に位置する由利本荘市、にかほ市を結ぶ羽後交通「ドリーム鳥海号」(2018年10月まではジェイアールバス東北と共同運行)の運行に、関東バスが新たに加わり、名称を変更。共同運行記念として記念品の進呈も実施します(なくなり次第終了)。なお本数やダイヤ、運賃は「ドリーム鳥海号」と変りません。

ディズニーランドもアクセス充実

東京ディズニーランドへのアクセスもさらに充実します。

成田空港・東京ディズニーランド~仙台線

・運行会社:成田空港交通、ジェイアールバス東北
・運行開始日:2019年4月16日(火)
・区間:成田空港(第3、第2、第1ターミナル)~東京ディズニーランド仙台駅東口
・運行本数:1往復(夜行)
・所要時間:7時間45分
・大人片道運賃:仙台駅東京ディズニーランド5000~7400円、仙台駅成田空港間7700円

成田空港交通は宮城交通と共同で、西船橋駅、柏駅経由の成田空港~仙台・松島海岸線ポーラスター号」を運行していますが、今回、東京ディズニーランド経由の路線を新設し、夜行2往復体制に。なお、「ポーラスター号」は仙台駅の西口、今回の新路線は東口と、発着する場所が異なります。

【番外編】東北の夜行5路線、東京ディズニーランドへ延伸

ジェイアールバス東北の夜行5路線が4月16日(火)より、東京側の始発着駅からさらに東京ディズニーランドまで延伸します。対象路線は次の通りです。

・青森~東京線「ラ・フォーレ号」
・秋田~東京線「ドリーム秋田・東京号」
・盛岡~東京・渋谷線「ドリーム盛岡号」
・山形~東京・新宿線ドリームさくらんぼ号」
・福島・郡山~東京線「ドリームふくしま・東京号」

ただし、2往復ある便の1往復や、多客時の続行便などは従来のまま。たとえば「ドリーム盛岡号」の場合、盛岡駅22時30分に発車する東京駅日本橋口)行きの便が東京ディズニーランドまで延長運行しますが、盛岡駅23時10分に発車する便は、従来どおり渋谷駅着のままです。

ちなみに、関東ならば東京ディズニーランド、関西ならばユニバーサル・スタジオ・ジャパンが、高速バスの行先・経由地の「定番」でしたが、近年、そのような遊園地への路線がさらに強化される傾向があります。たとえば三重県桑名市のナガシマリゾートは名古屋などから直通の高速バスに加え、2018年に大阪・神戸からの昼行便(ジェイアール西日本バス、三重交通)、東京・大阪からの夜行便(ウィラー)が相次いで運行を開始しました。こうしたなか、関東で新たに運行される「那須ハイランドパーク号」が需要を掘り起こし、ほかの遊園地へも路線開設の動きが波及していくのか、注目です。

川越と藤沢を結ぶ新路線「圏央ライナー川越湘南線」のイメージ(画像:東武バス)。