木村俊雄・寒川町長と「ARK LEAGUE」オーガナイザー内野洋平が意気投合

 神奈川県高座郡寒川町。人口約4万8000人の町が今、ストリートスポーツ界で大きな注目を集めている。4月27日から3日間、BMXフラットランドスケートボード、ブレイキンの世界大会「ARK LEAGUE」が開催されるからだ。「海のない湘南」とも言われる寒川が、なぜ「ARK LEAGUE」の開催地となったのか。「THE ANSWER」では、木村俊雄寒川町長と「ARK LEAGUE」オーガナイザーの内野洋平氏の特別インタビューを行い、ストリートスポーツにかける熱い思いに迫る。

「寒川は神奈川県の中でも非常にコンパクトな場所で、真っ先にイメージされるのは寒川神社。その後は『…』で続かない。神社のある町。それで終わっちゃうんですよ。それでは困るなと。ただ神社がある町じゃ、住んでいる若い人がかわいそうでしょ?」

 ともすればネガティブに聞こえるかもしれない客観的な町のイメージ。それを笑顔でカラリと言い放った木村町長は、常日頃から「若い皆さんが、町の外からも集まれる、そういう街づくりをしたい」と考えていたという。そんな時、町の職員から上がった意見の1つが、BMXやスケートボードなどを楽しめるパンプトラックの設置だった。実は、東京オリンピック出場を目指す19歳の女性BMXレーサー、畠山紗英選手の出身地こそ、他ではない寒川なのだ。

オリンピックの有望選手がいて、コンパクトな寒川らしく、若い人に喜んでもらえるスポーツ。町としてストリートスポーツを応援しながら、町のブランディングイメージアップ、存在価値を上げていこうという中でも、正直、パンプトラックだって出来上がるまで『どんな物なのかな?』程度の知識だったんですよ。『パンプ』って言うから『ポンプ?』って聞き返したくらい(笑)。でも、出来上がってみると、利用している人たちを、自分もやってみたそうな雰囲気で見ている人がいる。あるいは、小さな子供の自転車を親御さんが支えたり、手をつないで歩いたり。人と人のつながりが生まれているんですよ。これはいい施設ができたなって思いましたね」

 ちょうどその頃、「ARK LEAGUE」の開催地を探していたのが内野だった。2013年スタート以来、毎年神戸を開催地としていたが、来年に迫る東京オリンピックやその先の盛り上がりを見据え、2019年から開催地を関東に移そうと決意。神戸にイメージの近い横浜などが候補に挙がる中、神奈川県を通じて紹介されたのが寒川町だった。「どんな場所なのか、まったくイメージが沸かなくて……」と苦笑いで振り返る内野だが、実際に訪れたさむかわ中央公園で待っていたのは、日本有数の立派なパンプトラックだった。

「会場となる町が、どういう気持ちで選手の皆さんや観客の皆さんをお迎えするか」

「初めてお話しさせていただいた時から、町長が『BMX』という3文字を知っていらした。他の場所に行くと、特に行政に関わる方には、そもそもBMXって何ですか?っていう説明から始まるんですよ。その上、ストリートスポーツというと、いろいろなイメージを持っていらっしゃる方々もいる。でも、木村町長はすんなりと『あ、BMXね。うちはパンプトラックあるから』って(笑)。話がしやすかったですね」

「もう、進める前提でいたから」と笑う町長だが、心の中には「本当に世界大会を開催できるのか」という不安もあったという。さらに、町長とは言え、開催を独断で決定することはできない。そんな中で追い風になったのが、議会を含む町民の理解と関心の高さだった。

「町議会で『やってみようよ』という声が上がり、神奈川県からも協力しようという動きが出た。町民の方とお話しした時も『寒川で世界大会をするの?』という、ある意味、新鮮な驚きがあったんですよ。だったら、これを町おこしのきっかけにしようということになったんです」

 決定後は話が早かった。「ARK LEAGUE」実行委員会と共同開催という立場になった寒川町は、開催費用として3000万円を支援。「物事はやっぱりスピーディに決めないといけない」と、行政=お役所仕事の既成概念を覆す意思決定の速さで、開催を全面サポートしている。

 3月1日にはBMXフラットランドの本格屋内練習場「FLATPARK SAMUKAWA」がオープン。取り壊す予定だった町営屋内プールを改装した、日本でも珍しい屋内練習場では、選手が本番と同じステージで練習できるほか、子供を含む誰もが気軽にBMXを無料体験できる。町の広報誌3月号では表紙で内野をフィーチャーし、町全体に「ARK LEAGUE」開催をアピール。木村町長は「会場となる町が、どういう気持ちで選手の皆さんや観客の皆さんをお迎えするか。そういう気持ちが伝わらないといけない」と、町民一人ひとりが関わり、盛り上げるイベントを思い描く。

「こういうコンパクトな規模の町でも世界的なイベントができるんだという自信」

 その熱い思いが、実際に町を動かし始めていることを、肌で感じているのが内野だ。

「今は寒川に住んでいますが、ご飯を食べに行くと居酒屋レストランにポスターが貼ってあって、お店の方が声を掛けて下さる。配送の方が『FLATPARK』に荷物を届けてくれる時も、『これが例の練習場ですか?』っていう話にもなるんです。それくらい、みんな開催を知っている。駅で降りれば、町が一丸となって開催を盛り上げているのが分かる。今まで神戸では、ここまでできなかったんですよ。会場の敷地に入って、やっと開催が分かるくらい。駅前から歓迎してくれるなんて『ARK LEAGUE』としても新たな一歩でもあるし、楽しみです。海外から来る選手もテンション上がりますよね」

 町長によれば、開催当日に向けて、町では公共交通機関を使う場合のアクセス経路、町内の店舗情報など、来場者が必要な情報をすぐに見つけられるシステムを整えたり、町内に目で見て分かる案内などを掲示したりするという。もちろん目指すは大会の成功だが、「開催される3日間の期間限定ではなく、ここを起点として次につなげていきたい」と語る目は、少し先の未来を見据えている。

「今回の『ARK LEAGUE』をきっかけに、寒川をストリートスポーツの中心地として定着させていきたいですよね。世界を代表する本物の技が目の前で見られる。関心は高まるし、やりたいと思う人が増えると思うんですよ。BMX、スケートボード、ブレイキンの3種目で世界トップが集まる。本物を間近に見た印象って、子供たちはもちろん我々の記憶に残るものですから。

 そして、寒川という町で世界大会が実現する波及効果はすごく大きいと思います。今まで『この町でそんなことできないよ』と消極的な部分があった中で、町民の自信になるし、町そのものの存在価値が高まる。ある意味、こういうコンパクトな規模の町でも世界的なイベントができるんだという自信は、県内に限らず各行政体にも力強い刺激になると思います」

 平成最後の週末に行われるイベントをきっかけに、寒川町と「ARK LEAGUE」は新たなステージに足を踏み入れることになりそうだ。

◇内野 洋平(うちの・ようへい
1982年9月12日兵庫県生まれ。36歳。幼少期は水泳、モーグルで活躍。御影工2年からBMXを始め、05年に史上最年少の22歳で日本選手権優勝。08年に世界選手権初優勝。2012~2014年まで世界選手権シリーズ3連覇の偉業を成し遂げ2016年には通算8度目になる世界タイトルを獲得し世界の頂点に返り咲いている。12年にはWORLD TEAM G-SHOCKアスリートとして日本人BMX選手で初めてG-SHOCK社と契約するなど、数々のスポンサー契約を結ぶ。CM、ファッション誌など多方面でも活躍。176センチ、62キロ。(THE ANSWER編集部)

「ARK LEAGUE」オーガナイザーの内野洋平氏【写真:荒川祐史】