日本を代表するコンフォートセダン「新型トヨタ・クラウン」。そのインテリアやラゲッジスペーススペックメルセデス・ベンツEクラスホンダ・レジェンド、日産フーガといった国内外の強力なライバルたちと比較してみよう。 ※ ミラーto ミラーシート高、ラゲッジスペース内寸法の数値は編集部調べのもの。 REPORT●小林秀雄(KOBAYASHI Hideo)(身長:173㎝)

h2CROWN 3.5 G-Executive
全長は15㎜、ホイールベースは70㎜拡大し、ラグジュアリーセダンとしての存在感アップ。 一方で全幅は先代と同じ1800㎜をキープし、一部グレードでは最小回転半径5.3mを実現した。

全高:1455mm
全長:4910mm
ホイールベース2920mm
全幅:1800mm
ミラー to ミラー2090mm
荷室開口高:680mm

シンプルな造形の中に落ち着きある高級感を演出。視認性と操作性を棲み分けた2画面のインターフェースは、使い勝手が極めて良好だ。先進的なオプティトロンメーターも採用され、T-Connect対応ナビと専用通信機は全車に標準装備される。

リヤシート高 580mm
フロントシート高 540〜600mm

スポーティな印象のフロントシートは、一部にベンチレーション機能も設定。後席は包まれるような着座感が実現され、膝前が約200㎜、頭上が約40㎜と、ゆとりのある居住スペースが生み出されている。

最上級の「G-Executi ve」は、静粛さをより高めるノイズリダクション機能を持つ専用の18インチアルミホイールが標準装備される。スパッタリング塗装が目を惹く。
3.5ℓハイブリッドは動力分割機構の後段に4段変速機構を持つマルチステージハイブリッドトランスミッションが特徴。2.5ℓハイブリッドと2.0ℓ直噴ターボも設定。
最小幅 680mm 奥行き1110mm

フロア奥行きは3.5ℓハイブリッド車とそのほかで異なるが、いずれも実用的な広さを確保。ゴルフバッグも積み込みやすいよう、開口部右側を広げてある。

h2E-CLASS E220d AVANTGARDE Sports
ラグジュアリーセダンの世界的スタンダードであるEクラスも、スポーティなアピアランスが持ち味。新型クラウンより若干大きいが、最小回転半径は一部グレードで5.4mを実現している。

全高:1455mm
全長:4950mm
ホイールベース2940mm
全幅:1850mm
ミラー to ミラー2065mm
荷室開口高:660mm

伝統を感じさせる重厚な雰囲気の中に先進のデバイスを融合。メーターおよびCOMANDシステムモニターとして12.3インチワイドディスプレイを2枚並べて配置し、コックピット感を演出。テレマティクスサービスも全車に標準装備。

リヤシート高 580mm
フロントシート高 520〜600mm

大きなサイドサポートを備えたスポーティなフロントシートを採用。電動ランバーサポートや前席シートヒーターは全車に標準装備される。ゆとりの後席スペースも膝前約220㎜、頭上約50㎜と広い。

撮影車は19インチAMG5ツインスポークアルミホイールを標準装備。前後で245275と幅が異なるミシュランのプライマシー3が装着されている。
「E220d」系は2.0ℓ直4ディーゼルターボと9速ATの組み合わせ。そのほかにも2.0ℓガソリンターボ、2.0ℓハイブリッド、3.5ℓV6ツインターボなど幅広く設定。
最小幅 1000mm 奥行き 1150mm

後席には4対2対4の分割可倒機構を備え、奥行きは最大2100㎜まで拡大することが可能。逆にフロアの最大幅は約1190 ㎜で、四車の中で最も狭い。

h2LEGEND Hybrid EX
2850㎜のホイールベースに対して、全長は5030㎜と大きく、特にフロントオーバーハングの長さが際立つディメンジョン。最小回転半径も6.0mの大台で、取り回しには少し気を遣う。

全高:1480mm
全長:5030mm
ホイールベース2850mm
全幅:1890mm
ミラー to ミラー2160mm
荷室開口高:680mm

リアルステッチソフトパッドや木目調パネルを贅沢に使用し、ラグジュアリーな世界観を表現。エレクトリックギヤセレクターマルチユース・ディスプレイHondaインターナビなど、独自のインターフェースを数多く標準装備する。

リヤシート560mm
フロントシート530〜590mm

前席ベンチレーション機能を備えた本革シートを標準装備。シートヒーターは後席左右にも装備される。後席のニースペースは約270㎜、頭上約50㎜と広く、左右の幅にゆとりがあるのも特徴。

中周波のロードノイズを低減し、静粛性を高める19インチノイズリデューシングアルミホイールを標準装備。タイヤミシュランパイロットスポーツ3を履く。
3.5ℓ直噴V6エンジンと合計3つのモーターを搭載したSPORT HYBRID SH-AWDを採用。駆動方式や駆動力を自在に変化させ、旋回性能や安定性を高める。
最小幅 1080mm 奥行き 670mm

ハイブリッドシステムパワーユニットをリヤに搭載するため、奥行きは少し制限されている。フロア奥のスペースを有効活用し、棚が設けられている。

h2FUGA HYBRID
新型クラウンと比較すると、全長は70㎜、全幅は45㎜長く、アグレッシブな表情と筋肉質なボディラインが特徴。FR車の最小回転半径は全車共通で5.6mと、意外に小さな数値だ。

全高:1500mm
全長:4980mm
ホイールベース2900mm
全幅:1845mm
ミラー to ミラー2095mm
荷室開口高:750mm

大きな存在感を示すセンターコンソールに木目調フィニッシャーを多用し、高級感を演出。撮影車はオプションプレミアムインテリアパッケージも備わり、上質感が高められている。カーウイングスナビゲーションは全車に標準装備。

リヤシート高 590mm
フロントシート高 540〜620mm

撮影車はオプションパッケージの本革シートと前席エアコンディショニングを装備。「VIP」系グレードには後席のパワーリクライニングも備わる。後席ニースペースは約220㎜、頭上空間は約50㎜。

20インチが標準となる「370GTタイプS」 を除いて、全車写真の18インチアルミホイールを標準装備。タイヤはダンロップのSPスポーツマックス050が装着されている。
3.5ℓのV6エンジンと1モーター2クラッチを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載。 一方、コンベンショナルな2.5ℓと3.7ℓのV6ガソリン車も設定。
最小幅 850mm 奥行き670mm

ハイブリッド車ガソリン車ともに後席の可倒機構は備わらず、容量はある程度限られている。それでもサイズによってはゴルフバッグ4セットを収納できる。