【この記事の動画を見る】

スリル満点の絶叫マシンから定番のメリーゴーランドやティーカップまで大人も子供も楽しめる北関東最大級の遊園地「那須ハイランドパーク」(栃木県那須郡那須町)。オープン40周年の今年を「革命の1年」と銘打って意気込んでいる那須ハイランドパークでは、遊園地でおなじみの「観覧車」と「スカイサイクル」をリノベーションし、なんと“世界初”のアトラクションバージョンアップさせたという。“世界初”と聞けばいかねばならない。記者はこの“世界初”アトラクションオープン初日の3月20日に同所を取材した。この日はちょうどアメリカから来日したサーカス団も公演初日を迎え、遊園地内の広場に集まった来場者を沸かせた。

那須ハイランドパークでひときわ目立つのが大観覧車だ。てっぺんはちょうどスカイツリーと同じぐらいの高さで、実際に乗ってみると遊園地内はもちろんのこと雪が残った山々などの景色も一望できる。その観覧車を「床面が抜けたら怖いだろうな」という高所恐怖症の人が聞いたら想像しただけでめまいを起こしそうな発想からゴンドラ2基をリノベーションしたのが「Dark Box(ダークボックス)」だ。当然であるが、本当に床面を外すわけにはいかないので、世界初の試みとして床に液晶ディスプレイを埋め込み、1周約9分間、ゴンドラの進行に合わせて映像や音楽で“密室”を演出する。ちなみに窓は覆われていてゴンドラ内は真っ暗なので、それが不安を一層あおる。こちらも乗ってみたが、ゴンドラが上昇してくると、床にひびが! この後どうなるのかは乗ってみてのお楽しみ。ひとつ言えるのは「なるほど世界初! やりおるな」の9分間であったということだ。

そしてもうひとつの世界初アトラクションが、スカイサイクルリノベーションした「VRスカイサイクル」だ。空中にあるレールの上を自転車のようにペダルを漕いで進んでいくお馴染みの乗り物だが、那須ハイランドパークではVR(バーチャルリアリティー)を装着して漕いでいく。するとまるで別の世界に入り込んだかのような体験ができるのだ。全長約280m、約7分間で見える映像は自分の進み具合と連動しているので、本当にそこに迷い込んだような感覚が味わえる。昔ながらのスカイサイクルに最新のVR技術を融合させたのは世界初だという。

さらに同日に初日を迎えたのが、アメリカを拠点に活動し、これまでカナダメキシコでも公演を成功させてきたサーカス団の「ヴィクトリアサーカス」だ。団員は52歳のウォルター団長から、5歳のエレーナちゃん、4歳のイレーナちゃんまで親族7人で構成されている。ハイワイヤーショーでは父親のウォルター団長とマウリシオさんが綱渡りを披露。ただ渡るだけではない。自転車に乗ったり目隠しをしながらである。綱の上で縄跳びもしたが、落下しそうになるシーンもあり、ヒヤッとさせられる。そして球体の中をバイクで爆走する「グローブ・オブ・デス」では、団長の妻ヴィクトリアさんや20歳の青年アレクサンダーさんが登場。爆音をとどろかせ猛スピードで、時には真っ逆さまになりながら球体の中でバイクを走らせる。キュートなエレーナちゃんも空中から吊ったフラフープの中で堂々と演技を披露、拍手喝采を浴びた。こちらは4月7日まで一日3回公演だ。

他にも新アトラクションでは3月1日に「VRライドシアター」が登場。近年は水しぶきや風を感じるなどよりリアルな体験ができるMX4D(R)が映画館でも利用されているが、こちらはそのシートに座りVR映像を楽しめるというものだ。コンテンツは「VRウルトラ逆バンジー」「恐竜戯画」と2本ある。記者は「恐竜戯画」を体験してみたが、まるで恐竜が生きていた時代にタイムスリップしたかのような臨場感と大迫力である。思わず「リアルすぎる!!!」と声をあげてしまったが、後ろを振り返ってもしっかりそこは恐竜の世界で、周囲の人も同様にあまりの「ホンモノ感」に驚きを隠せない様子であった。

ここらで少し心臓を落ち着けようと、子供が喜びそうな癒し系ポイントを探してみた。3月16日オープンした「ウーピー園長のあにまるふれんZOO!」。先ほどの大恐竜時代から一転、今大人気のカワウソカピバラふくろうミミズクミーアキャットなど珍しい動物や、ポニー、やぎ、ひつじモルモットうさぎなど約20種類の動物たちと触れ合える。ちょうど先月生まれた白いやぎの女の子「星(せい)」ちゃんが可愛いさかり。お母さんのお乳を飲んだり、お母さんの背中にのったり、愛らしさを振りまいていた。100円200円ほどでおやつをあげる体験もできる。また3月1日オープンした「カード迷路 ぐるり森大冒険」も小学生に大人気だ。

「Dark Box(ダークボックス)」で世界初体験をして、「VRライドシアター」でアドレナリンが分泌されまくり、「ウーピー園長のあにまるふれんZOO!」で動物たちと触れ合うことによって今度は癒しモードになった記者。緩急をつけたアトラクションやスポットで大人も子供も一日中飽きることがない。

那須ハイランドパークでは、犬も一緒に乗れるアトラクションもあり、愛犬家にも喜ばれている。園内には犬用の水飲み場やドッグランなども設置されていて、犬連れの家族には有難いだろう。

このように那須ハイランドパークは、どこか懐かしい気持ちにさせられながらも、最新技術を取り入れた遊園地。絶叫系から子供向けまでコースターが8種類用意されているなど、どの世代も満足できそうだ。「革命の1年」の今シーズン、今後の仕掛けにも期待したい。

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト