AIG損害保険株式会社(以下、AIG損保)は、2019年3月21日に、ほけんの窓口グループ株式会社(以下、ほけんの窓口グループ)とともに、神奈川県横浜市のトレッサ横浜にて親子を対象とした交通安全啓発イベント「AIG損保 & ほけんの窓口グループpresentsファミリーロードセーフティー」を開催しました。

このイベントはAIG損保とほけんの窓口グループが、2018年交通事故死亡者数が全国で4番目に多い神奈川県内※1で、人口の多い横浜市の中でも最も多くの交通事故が発生しているとされる横浜市港北区※2にて、交通事故を未然に防ぐための交通安全啓発を目的に開催したイベントです。当日は「電動カーを使用した交通安全教室」に184組の親子が、「交通安全シミュレータ・自転車編」は57名の子どもにご参加いただきました。

「電動カーを使用した交通安全教室」は、一般財団法人日本交通安全教育普及協会の監修のもとAIGグループが開発したユニークプログラムとなります。実際の道路にある信号や横断歩道を設置したエリアは、電動カーを使用し運転者と歩行者のそれぞれの視点で交通に関する規則とマナーを学ぶ場となりました。また、「交通安全シミュレータ・自転車編」では、モニター画面に映し出された疑似市街地の前で実際の自転車をこぐことで、自転車運転時に潜む事故のリスクや交通ルールを認識するきっかけとなりました。

AIG損保とほけんの窓口グループは、こうした体験プログラムを通じ、交通安全の意識向上のために、親子で交通事故リスクや交通ルールに対する理解をより一層深めることを目指しています。

イベントの参加者の声として「楽しみながら、交通安全の大切さを学べました」、「新しい標識の意味も分かり、勉強になった」など、改めて交通事故に対するリスクを事前に知ることの重要性を再認識したとの声が、多く寄せられました。

AIG損保は「ACTIVE CARE」*という事業戦略コンセプトのもと、日常に潜むリスクを回避するためにできることをお客さまや社会に対して呼びかけています。今後も子どもたちの未来を守るため、親子で交通安全意識を高め、交通事故という身近にあるリスクを回避するための取り組みを継続していきます。

※1 警察庁交通局交通企画課「平成30年中の交通事故死者数について」(平成31年1月4日発表)
※2神奈川県警察本部 交通部交通総務課「かながわの交通事故 平成29年統計」


*【「ACTIVE CARE」(アクティブ・ケア)について】
ACTIVE CARE」は、日本におけるAIGグループの固有かつ統一の事業戦略コンセプトです。
ACTIVE CARE」は、次の3つの要素で構成されています。
1. シンプルで分かりやすい。
私たちが提供する商品とサービスについて、お客さまの目線に立ってシンプルに分かりやすくお伝えします。
2. リスク情報を事前に。
万一のときだけでなく、事故や損害を未然に防ぐ支援をします。
3. AIGならではの先進性。
先進的なテクノロジー、グローバルで蓄積されたノウハウ、そして国内市場に関する深い知見を活かして
イノベーションを起こし続け、お客さまにとって最も価値のある保険会社を目指します。

AIG グループは、世界の保険業界のリーダーであり、80 以上の国や地域でお客さまにサービスを提供しています。創業以来の100年の経験に基づき、現在では、損害保険、生命保険、退職給付およびその他の金融サービスを幅広く提供しています。AIGグループの商品・サービスを通じた多岐にわたるサポートは、法人および個人のお客さまの資産を守り、リスクマネジメントおよび確かなリタイヤメント・セキュリティをお届けします。
持株会社 AIG, Inc.はニューヨーク証券取引所に上場しています。
日本では、AIG損害保険株式会社アメリカホーム医療・損害保険株式会社ジェイアイ傷害火災保険株式会社、AIGパートナー株式会社、テックマークジャパン株式会社などが事業を展開しています。

ほけんの窓口グループについて
ほけんの窓口グループは、生命保険・損害保険でさまざまな商品を取扱う保険ショップを全国で700店舗以上展開するとともに、法人相談や各地の銀行との業務提携など、多様なチャネルでお客さまのニーズに合わせて保険を選んでいただける環境を提供しています。
「お客さまにとって『最優の会社』」の経営理念のもと、「保険」という商品を通してお客さまに「安心と安全」「笑顔と幸せ」をお届けすることを使命とし、お客さまから信頼され、社会の発展に貢献する企業活動に努めています。

配信元企業:AIG損害保険株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ