3月22日(金)に開幕した東京モーターサイクルショー2019で、東京での初めてのお披露目(ジャパンプレミア一週間前の大阪モーターサイクルショー)となった新型スズキ・カタナだが、会場には早くもそのカスタマイズパーツが数多く展示されていた。そのなかでも最も注目を集めていたのが、ヨシムラのスリップオンマフラーだ。前衛的スタイルがウリのカタナだけに、モダンデザインマフラーかと思いきや……。

h2オーセンティックなデザインが見事にマッチング

 初代と同様、斬新で前衛的なデザインをまとって登場した新生スズキ・カタナストリートファイターであるGSX-S1000ベースとしていることもあり、当然ながらヨシムラのマフラーも先進的デザインの「R−11」をカタナ用にフィッティングしてくるかと思いきや……今回お披露目されたのは、絶妙なカーブを描くシルエットが印象的なクラシックテイストマフラーだった。

チタン サイクロン」と名付けられたスリップオン・マフラーで、チタン製テールパイプとアルミニウムサイレンサーを組み合わせたもの。参考出品ということで、今のところそれ以上の詳しいインフォメーションはないが、見る限りはかなりの完成度で、市販化までそう時間は掛からないだろう。

 性能や品質の高さもさることながら、意欲的なデザインも大きな魅力のヨシムラ。しかも歴史的につながりの深いスズキ車ということもあって、カタナ用にすばらしく美しいマフラーを用意してきた。果たしてどんなサウンドを聴かせてくれるのか? そちらも楽しみでならない。

こちらは先鋭的かつ独創的なデザインが魅力の「R-11」。スーパースポーツストリートファイター系によく似合う。