TVアニメゲゲゲの鬼太郎』より、3月24日放送の第48話「絶望と漆黒の虚無」の先行場面カットが公開された。

【大きい画像を見る】『ゲゲゲの鬼太郎』第48話「絶望と漆黒の虚無」(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション


アニメゲゲゲの鬼太郎』放送開始50周年のアニバーサリーイヤーの2018年に新シリーズ(第6期)となって放送中の本作。2019年4月からは、放送が2年目に突入することも決定している。


第48話では、まなはねこ娘を自らの力で魂ごと消滅させてしまう。その映像は拡散され、妖怪と人間の対立は激化する。憎しみをつのらせていく両者が、お互いを滅ぼそうとする中、鬼太郎はことの真相を知るためにまなのもとへ向かう。


一方まなは自身の血筋と母方の曾祖母の話を聞くことになる。その曾祖母はまなの名付け親であり、彼女と同じように見えない世界と縁を持っていたのだ。そこへ現れる鬼太郎。まなは母を傷つけられたことで、鬼太郎ねこ娘を消滅させたことで、相手に怒りをぶつけてしまう。妖怪と人間の狭間に立つ二人は果たして……。


エピソードには、豆腐を持っているだけの心優しい妖怪・豆富小僧役で関根有咲、巨大な頭だけの妖怪で「人間と戦うべき」と意見する畑怨霊役で池水通洋が出演する。

第48話「絶望と漆黒の虚無」は3月24日(日)9時放送スタート

ゲゲゲの鬼太郎
毎週日曜朝9時~9時30分放送中

(C)水木プロ・フジテレビ東映アニメーション【ほかの画像を見る】『ゲゲゲの鬼太郎』第48話「絶望と漆黒の虚無」(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

『ゲゲゲの鬼太郎』第48話「絶望と漆黒の虚無」(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション