東映アニメーション制作のオリジナル魔法少女アニメシリーズおジャ魔女どれみ」の20周年を記念したステージイベント3月23日東京ビッグサイトで開催中の「AnimeJapan 2019」にて行われ、本シリーズオリジナルスタッフらによる映画『魔女見習いをさがして』(2020年公開予定)の製作が発表された。イベントには、千葉千恵巳(春風どれみ役)、秋谷智子(藤原はづき役)、松岡由貴(妹尾あいこ役)、宍戸留美(瀬川おんぷ役)、宮原永海(飛鳥ももこ役)、プロデューサーの関弘美が出席した。

【写真を見る】「おジャ魔女どれみ」の新作映画『魔女見習いをさがして』のビジュアルが公開!

おジャ魔女どれみ」は、99年にテレビアニメ第1期がスタートし、00年には第2期「おジャ魔女どれみ♯」、01年には第3期「も~っと!おジャ魔女どれみ」、02年には第4期「おジャ魔女どれみドッカ~ン!」が放送された人気シリーズ主人公の春風どれみが、魔女見習いの仲間たちと共に成長していく姿を描く。

新作映画『魔女見習いをさがして』は、監督を「おジャ魔女どれみ」「美少女戦士セーラームーン」「ARIA」「HUGっと!プリキュア」の佐藤順一と鎌谷悠、脚本を「おジャ魔女どれみ」「ハートキャッチプリキュア!」の栗山緑、キャラクターデザイン総作画監督を「おジャ魔女どれみ」「蟲師」「僕のヒーローアカデミア」の馬越嘉彦作画監督を「輪るピングドラム」「蟲師」、映画『同級生』(16)の中村章子が務める。

千葉が「(魔女見習いが)いっぱいいる!増えてる」とお披露目となったビジュアルシルエットに触れると、プロデューサーの関は「おジャ魔女が増えていますが、間違いなく皆さんも出てきます」と声優陣に語りかけ、「テレビでは3〜8歳くらいまでの女の子ターゲットに作ってきました。それから20年経って、大人になった皆さんと一緒に“どれみの世界”を作っていきたいと考えた。オリジナルメンバースタッフも賛同してくれました」と展開について説明した。

「鋭意制作中」とのことで、登壇者陣が「一緒におジャ魔女たちを、探しにきてくださーい!」と声を上げると、会場も「行きまーす!」と大盛り上がり。千葉は「皆さんとワクワクドキドキしながら、25周年、30周年と頑張りたい」とさらに意気込んでいた。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)

声優陣も『魔女見習いをさがして』の制作決定に感激!