トランスフォーマー」の最新作『バンブルビー』の公開記念舞台挨拶が、3月23日TOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、日本語吹替版キャスト土屋太鳳と、志尊淳、声優の木村良平悠木碧濱野大輝土屋神葉リアルバンブルビー(着ぐるみ)が登壇した。土屋たちはバンブルビーハイタッチをしながら登場し、会場を沸かせた。

【写真を見る】イケメンで好感度大!土屋太鳳の弟・土屋神葉

土屋はバンブルビーを前にして「志尊くんと『意外に背が高いんだね』と言ってて。すごくかわいらしくて、とても愛おしいです。どこかへ一緒に行きたくなります、お花見とか」と会えたことを喜ぶ。

さらにバンブルビーが理想のタイプだと言う土屋は「戦い方も自分の良さを最大限に活かしてますし、大切な人を守ろうとしているところが本当に好きです」とバンブルビー愛を語った。

アフレコに初挑戦した志尊は「僕は今回、吹替を初めてやらせていただいたのですが、みなさんが普段やられている仕事が本当にすばらしくて、僕には到底できない仕事だと思いました」と人気声優陣たちをリスペクトした。

悠木はもともと「トランスフォーマーシリーズバンブルビー大好きだったようで「めっちゃ好き!かわいい!握手してもらっちゃった」と大はしゃぎだった。

また、本作ではしゃべれないバンブルビーだが、「もし、バンブルビーが話せたら」という設定で、ヒロインチャーリー役の土屋と、バンブルビーがふれあうシーンを演じることに。バンブルビーの声は、これまでの「トランスフォーマーシリーズバンブルビーを演じてきた木村良平が当てた。

溢れる思いを胸に、ヒロインチャーリーになりきって、バンブルビーとスキンシップをした土屋は「すごくうれしいです。実際にビー(バンブルビー)の顔を触ることができるのが本当にうれしいなと思いました」と感激しきりだった。

バンブルビーに声を当てた木村も「うれしいですよね。太鳳ちゃん相手に台詞を言えて。弟は神葉だし、家族が増えるな」と、もともと交流のある土屋の実弟・土屋神葉を引き合いに出し、会場を笑いに包むと、土屋太鳳と神葉も笑顔を見せた。(Movie Walker・取材・文/山崎 伸子)

『バンブルビー』の舞台挨拶で、土屋太鳳とリアルバンブルビーがスキンシップ