RISEクリエーション
RISE 131
2019年3月23日(土)東京・後楽園ホール

瀧谷(右)に跳びヒザを見舞う政所(左)

メインイベント スーパーフライ級(-53kg)次期挑戦者決定戦 3分3R無制限延長R
〇政所 仁(20=魁塾/同級2位、J-NETWORKスーパーフライ級王者)
判定3-0 ※30-28、29-27、30-26
●瀧谷渉太(29=KSS健生館/同級3位、元Krushスーパーバンタム級王者)
※政所が王座挑戦権を獲得。

 16歳で9戦無敗の初代RISEスーパーフライ級王者・田丸辰(たまる・とき)への挑戦権を懸けた、次期挑戦者決定戦が行われた。

 政所は2017年10月RIZIN福岡大会にてキックルール石井一成と対戦し、打ち合いを制して勝利。一躍その名を轟かせた。2018年2月からRISEに参戦すると奥脇一哉、瀧谷渉太にも勝利。8月のKNOCK OUTでの試合では石井にリベンジを許したが、11月にはJ-NETWORK王座を獲得した。

 瀧谷は2015年12月の試合を最後にリングを離れていたが、2017年9月に復帰。昨年3月の『RISE 123』からRISE参戦を果たすも連敗。しかし、8月の『RIZIN.12』でシュートボクシングホープ佐藤執斗とダウンの応酬を繰り広げ、激しい試合を競り勝って復活。さらに今年2月には栄井大進を延長戦の末にTKOで破り、今回のリベンジ&王座挑戦へのチャンスをものにした。

 1R、サウスポーの瀧谷はジャブから入り込んでパンチ&ローにつなげる。政所は強い左ローを蹴り、右の強打へつなげていくが、瀧谷が左ショートヒット

 2R、組み合う場面になると政所が瀧谷をコカし、身体の強さを発揮する。そして右強打が瀧谷を襲う。瀧谷が組み付くと政所はヒザを顔、ボディへ突き上げる。終盤、政所は左ボディブローと飛びヒザ蹴りを見せた。

 3Rもパワフルな右ストレート、左フックで前へ出る政所。瀧谷は蹴りを繰り出すが政所が豪快なパンチからボディにヒザを突き上げる。そして続く左ボディブローでダウンを奪った。一気に攻める政所は飛びヒザ蹴り、パンチ、ボディへのヒザ蹴りと瀧谷を一方的に攻めまくって試合終了。判定3-0で田丸への挑戦権を手にした。

 政所はマイクを持つと「今日は魁塾でセミとメインをさせてもらったんですが、百花が負けちゃって。僕もKOしたかったんですが全然ダメでした。瀧谷選手が強かったです。2人で勝ったら7月の大阪大会に出させてくださいと言いたかったんですが、僕一人でも盛り上げるのでお願いします。次回はもっと倒せる試合をするのでこれからもよろしくお願いします」と、KOを逃したことを反省しながら7月の大阪大会出場をアピール

 するとここで田丸がベルトを持ってリングイン。「今メインの試合を見ていました。結果も前から予想していましたが、実力はこんなもんかって感じなので、5月ぶっ飛ばして僕も大阪どうですかね? 5月怪我無しでぶっ飛ばして7月の準備をするのでよろしくお願いします」と、5月の政所との初防衛戦をクリアーして7月の大阪大会にも参戦するとアピールした。


百花(左)との接戦を制した紅絹(右)

セミファイナル RISE QUEENアトム級(-46kg)決定戦準決勝 3分3R延長1R
●百花(26=魁塾/NJKFミネルヴァ日本アトム級王者)
判定3-0 ※29-30、28-30、28-30
〇紅絹(35=NEXT NEXT LEVEL渋谷/元J-GIRLSミニフライ級王者)
※紅絹が決勝戦へ進出。

 これまで休眠状態だった女子のタイトルRISE QUEEN」が復活し、アトム級(-46kg)4選手によるトーナメントが開催され新チャンピオンの座を争う。RISE QUEENにはこれまでRENA、神村エリカと日本を代表する女子ファイターが王座に就いている(両者とも48kg級)。

 百花は2010年12月のプロデビュー以来、DEEP☆KICKJEWELS、REBELS、J-GIRLSなどでキャリアを重ね、2012年JEWELSのキックトーナメントで優勝。2017年9月にミネルヴァ・アトム級王座を奪取した。2018年9月には佐藤レイナを下して初防衛に成功している。ガムシャラに前へ出ての打ち合いを挑むことから“浪速の喧嘩小町”の ニックネームを持つ。

 紅絹は2016年10月プロデビューで50戦を超えるキャリアを持つ大ベテランパンチスピードを武器に国内外の強豪たちと拳を交えてきた。2012年11月にJ-GIRLSミニフライ級王者となり、初防衛にも成功。2013年2月にはデビュー以来7戦無敗だったシュートボクシングMIOに初黒星を付けた。近年はKrushにも参戦し、タイトル挑戦も果たしている。RISEには2013年9月13日神村エリカ戦以来の参戦。

 両者は2013年5月にJ-GIRLSで対戦し、紅絹が判定勝ちしている。

 1R、百花はワンツーを放っていくが、紅絹のステップに空振りが目立つ。紅絹はローからパンチパンチからローと攻撃をつなげ、左ミドルもしっかり当てていく。前へ出てパンチと蹴りを出す百花だが、紅絹のステップでかわされる。

 2R、手数を出す百花に紅絹が右フックを狙い打ちして何度もヒットを奪う。終盤、足を止めての打ち合いを仕掛けた百花だったが、やはり紅絹のヒットアンドウェーに翻弄される形に。

 3R、紅絹は軽くだが的確に左ミドルとパンチを当てていく。強い左フックも打ち込む。百花は前へ出て右ストレート。紅絹のかわして打つ、蹴るが目立ち、逆に百花は単発で終わるため攻撃の印象が薄い。

 判定は3-0で紅絹が勝利。ベテランの上手さを見せ付けて百花を返り討ちにし、那須川梨々に続いての決勝進出を決めた。

 紅絹はマイクを持つと「2Rの百花選手の右フックで左耳が聞こえないです。百花選手は6年前にやった時とは別人で圧力あるし、一個一個が重くなっていました。次は那須川さん? 多分、来た方がいいと思う」と那須川をリングに呼び込んで「次は3分5Rらしいよ。じゃんけんで(勝敗を)決めない?」とジョークを飛ばす。

 那須川は「今の試合を見て試合慣れしているなと思って。体力も凄くあるしめっちゃ手ごわいと思いますが、戦うとなったらぶっ倒すのでよろしくお願いします」と宣戦布告

 紅絹は「みんな梨々選手を応援しているのは分かっています。でもBBAナメんなよ。もう35歳ですが、3分5R動ける身体を作ってくるので。ここに上がっちゃえば(年齢差は)関係ない。バチバチの3分5R出来るように練習してくるので試合を楽しみにしていてください」と、19歳差決勝戦へ向けて意気込んだ。

格上の平岡(左)をプロ3戦目で破った那須川(右)

▼第9試合 RISE QUEENアトム級(-46kg)決定戦準決勝 3分3R延長1R
●平岡 琴(28=TRY HARD GYM)
延長R 判定0-3 ※三者とも9-10
〇那須川梨々(16=TEAM TEPPEN/2017年KAMINARIMON全日本女子-45kg級優勝)
※那須川が決勝戦へ進出。本戦の判定は三者とも29-29。

 平岡は極真会館(松井章奎館長)『第31回全日本女子ウェイト制空手道選手権大会』(2014年)で軽量級優勝の実績を持ち、キックボクシングのプロキャリアは2015年9月にKrushスタートさせた。空手仕込みの足技を得意としており、2018年9月からRISEに参戦して2連勝を収めている。

 那須川天心の妹・梨々はジュニアキックボクシングで数々のタイトルを獲得し、アマチュア戦績は30勝3敗。勝率は9割を超える。昨年6月に兄・天心と同じく高校1年生でプロに転向。デビュー戦ではパンチを主体としたアグレッシブファイトで、元TRIBELATEピン級王者でNJKFミネルヴァ・アトム級2位の佐藤レイナを判定で下したが、2戦目で百花に初黒星を付けられて今回が再起戦となる。

 1R、平岡はスピードのある左ミドルと前蹴りを次々と那須川のボディに決める。那須川は距離を詰めてのパンチを狙っていくが、平岡の右フックが襲う。距離を支配しているのは平岡。しかし終盤、那須川の左フックヒット。一気にパンチをまとめた那須川だったが、平岡は左ミドルでペースを取り戻す。

 2R、平岡の左ミドルに那須川は右ボディストレートで対抗。那須川はジャブ、前蹴りでもボディを攻める。平岡は右ローで応戦。平岡のバックハンドブローをもらった那須川が下がり、平岡が一気に詰める。那須川もパンチで反撃。平岡は後ろ回し蹴りを放って那須川を下がらせる。

 3R、那須川が後ろ蹴りを放つとすかさず平岡も同じ技を返す。左ミドル、パンチ、ヒザでボディを攻める平岡。右ハイキックも浅くヒット。那須川はパンチで前へ出るがなかなかヒットが奪えない。ラスト1分、前蹴りからのパンチで攻める那須川に平岡もパンチとヒザ蹴りで応戦。

 両者攻め合った3Rはジャッジ三者とも29-29でドロー。延長戦へ突入する。

 セコンドの天心の檄を受けて飛び出した那須川は左右のフックを叩きつけ、平岡はヒザ蹴り。勢いと手数があるのは那須川だが疲れも見える。平岡は左ミドルとパンチ、そして後ろ蹴りで反撃。最後の力を振り絞ってパンチとミドルを繰り出しながら前へ出る那須川に平岡も必死の応戦。

 判定は3-0で那須川が熱戦を制した。思わず涙する那須川。マイクを持つと「相手の平岡選手が凄く強くて。前へ出て行けてよかったです。次はもっと強い人が決勝戦に上がってくるので、今回以上に練習して必ずRISE QUEENのベルトを獲りたいと思います」と、号泣しながら語った。


中尾(左)からKO勝ちした直樹(右)

▼第8試合 ライト級(-63kg)3分3R延長1R
〇直樹(26=BRING IT ONパラエストAKK/同級7位)
KO 2R 1分31秒 ※3ノックダウン
●中尾 満(35=エイワスポーツジム/元新日本キックボクシング 日本ライト級暫定王者)

 直樹は5歳から中学まで伝統派空手を学び、所属流派の全日本選手権優勝など優秀な成績を収めた。キックボクシングデビュー後は得意な蹴りを武器に2016年には6連勝を飾ったことも。昨年5月にはブラジルキック王者ヴィトー・トファネリに勝利、今年2月にはタイのテレビマッチ「PPTV」王者パヌワット・TGTにも勝利と強豪外国人相手に連勝中。対する中尾は今回がRISE初参戦で、KNOCK OUTや様々なリングで活躍しているベテランファイター

 1R、お互いにジャブを突き合う展開で、直樹がジャブを命中させていく。中尾は強打を叩きつけるが直樹はブロック。中尾は右ローを蹴り、直樹はボディへの攻撃を集めていく。ラウンド終了間際、直樹は右アッパーをクリーンヒット

 2R、中尾がパンチで仕掛けていくと中尾の頭が当たってバッティングに。再開後、直樹に右アッパーを突き上げられて中尾は口から出血。中尾がパンチで前へ出ると直樹が右アッパーでダウンを奪う。焦る中尾がパンチで突っ込んでいくと直樹は右ストレートで2度目のダウンを追加。

 中尾はガムシャラにパンチを振り回して突進したが、直樹はよく見てパンチを当てていき、最後は突進をかわすようにしての右ストレート前のめりに中尾が倒れ、3ノックダウンで直樹のKO勝利となった。

 直樹はマイクを持つと「上位ランカーと戦う予定だったんですが、僕とやりたくないのか急に変わっちゃって。上位ランカーやりたくないなら、イケメンチャンピオンいるので、どうですかそろそろ」と、テレビ解説を務めていたライト級王者・白鳥大珠を挑発。

 続けて「チャンピオントーナメント中なので、僕は勝ち続けて待っているのでよろしくお願いします。デカい大会がいっぱいあるので、俺はデカい大会ならもっと強くなってしまうので。デカい大会で俺を見たくないですか?」と、ビッグマッチ出場とタイトルマッチアピールした。

川島(左)と殴り合う藤田(右)

▼第7試合 ライト級(-63kg)3分3R延長1R
●川島史也(24=BattleNation/同級5位)
判定0-2 ※28-29、29-29、28-29
〇藤田雄也(31=極真会館/J-NETWORKスーパーライト級9位)

 川島はRISEの新人王トーナメント「RISING ROOKIES CUP」で2015年スーパーライト級優勝。自らを“戦闘民族”と名乗りRISEの他にもJ-NETWORK、BOUT、巌流島にも乗り込んで試合をしてきた。パンチを得意とする。昨年11月にプロ無敗記録を誇る山田洸誓にKO負けを喫し、今回が再起戦。

 対する藤田は、2010年極真会館全日本ウェイト制空手道選手権軽量級優勝者。空手仕込みの足技とド突き合いで会場を沸かせる、プロキャリア20戦以上の実力者だ。RISEには約2年振りの参戦。

 1R、藤田は前足へのローを集中させ、川島はそれにパンチを合わせにいく。川島は接近してフックを回転させていくが、右ローを何度ももらい続ける。藤田は左フックヒットさせた。

 2Rも藤田が右ローと左フックで攻める。川島はジャブを突き始め、ローをスネでブロックしてのパンチへつなげる。両者ワンツーを当て合い、藤田は右のショートも放つ。川島は前へ出るが藤田に右ローを蹴られる。

 3Rもローを蹴られる川島だがパンチで前へ出て行く。すると藤田は左ミドルで対抗。川島の左フックに危ない場面もある藤田だが、しっかりローとミドルを川島のパンチに返していく。川島の打ち合いには乗らず、最後まで得意の蹴り主体で行った藤田が判定勝ちした。


▼第6試合 バンタム級(-55kg)3分3R延長1R
〇拓也(24=蹴空ジム/同級6位)
判定3-0 ※30-28 29-27 30-26
●山田直樹(23=KSS健生館/同級13位、2018年RISING ROOKIES CUPバンタム級優勝)

▼第5試合 スーパーフライ級(-53kg)3分3R延長1R
●奥脇一哉(24=エイワスポーツジム/同級4位)
判定0-3 ※28-30 27-30 27-30
〇京介(23=TOP DIAMOND/同級8位)

▼第4試合 ウェルター級(-67.5kg)3分3R延長1R
〇中島将志(26=新潟誠道館/ミドル級5位)
KO 2R 2分27秒 ※3ノックダウン
●雑賀弘樹(32=NEXT NEXT LEVEL渋谷/2017年J-NETWORKウェルター級新人王)

▼第3試合 バンタム級(-55kg)3分3R
●村井雄誠(16=エイワスポーツジム)
TKO 2R 2分06秒 ※パンチ連打
〇風音(20=TEAM TEPPEN)

▼第2試合 スーパーフェザー級(-60kg)3分3R
〇平塚大士(26=チームドラゴン
KO 1R 2分53秒 ※右ローキック
●洸杜(23=T’s KICKBOXING GYM)

▼第1試合 スーパーライト級(-65kg)3分3R
●仲田克也(TOP DIAMOND
KO 1R 2分17秒 ※右後ろ回し蹴り
〇北濱精悦(36=TARGET SHIBUYA)

瀧谷(右)に跳びヒザを見舞う政所(左)