乃木坂46 
(C)まいじつ

昨年8月に発売され、大ヒットを記録したシンガーソングライターあいみょんの楽曲『マリーゴールド』は、90年代風のどこか懐かしいメロディーが話題になった。

【関連】浜崎あゆみが「安室奈美恵」をモロパクリ?衣装・演出が完全一致で炎上! ほか

ところが、同曲にパクリ疑惑が浮上。サビの部分が1999年に発売されたゲームボーイソフトメダロット2』のBGMや、95年にリリースされた小沢健二の『さよならなんて云えないよ』にそっくりと指摘された。

特に『メダロット』とはかなり似ている曲調だと、ネット上では、

《さすがにこれは言い逃れできないんじゃ?》
あいみょんメダロット世代とは思えないので、奇跡的な偶然という可能性も…》
メダロットはそのまんま過ぎ! これに歌詞付けただけレベルじゃん》

などと大きな騒ぎに。『マリーゴールド』はあいみょんの代表曲だが、今後も披露されるたびにネットがざわついてしまいそうだ。

 

『乃木坂46』『あいみょん』…“パクリ疑惑”が浮上した歌手たち

メロディーだけでなく歌詞までも

乃木坂46』にもパクリ疑惑が浮上したことがある。15年にリリースされ、80万枚以上を売り上げたとされるシングル『太陽ノック』のサビが、99年にリリースされた大黒摩季シングル『太陽の国へ行こうよ すぐに~空飛ぶ夢に乗って~』とほとんど同じだという。

しかもこの曲はメロディーだけでなく、歌詞もそっくり。『太陽ノック』のサビは「太陽ノック~」と歌うのだが、『太陽の国へ行こうよ』のサビも「太陽のっくにへ~(太陽の国へ)」と、どことなく〝太陽ノック〟と聞こえてくる。

発売時は大きな話題となり、

《サビのメロディーも詞も似てるってすげーな》
パクリなんてもんじゃない。サビが全く同じねーかwww
《久しぶりにこんな似てるものを見た》

などといった声が上がっていた。

06年に放送されていた特撮テレビドラマ轟轟戦隊ボウケンジャー』のエンディング曲『冒険者 ON THE ROAD』は、ロックバンドSIAM SHADE』が98年にリリースしたシングル曲『グレイシャルLOVE』とそっくりだと話題になった。

この件は、「グレイシャルLOVE」の作詞作曲を担当した「SIAM SHADEボーカル・栄喜にも伝わったが、栄喜はブログで快く寛容する姿勢を見せていた。

パクリか偶然かは作曲者のみしか分からないが、この世に曲は増え続けているので、このような騒動がなくなることはないだろう。