常に志高く、映画を愛し、映画に愛されてきた斎藤工が、『孤狼の血』(18)の白石和彌監督とタッグを組んだ衝撃作『麻雀放浪記2020』(4月5日公開)。阿佐田哲也の同名小説を映画化した和田誠監督作『麻雀放浪記』(84)は、いまも語り継がれる名作だが、本作は同小説を原案に、“東京オリンピックが中止となった2020年”に舞台を設定したと聞いて戦慄を覚えた。公開まで試写は一切回さないということで、いまだベールに包まれている本作。その手がかりをつかむべく、主演の斎藤を直撃した。

【写真を見る】斎藤工がベッキーを抱きしめる胸キュンシーン

2020年東京オリンピックを阻んだのは、第三次世界大戦だった。そこに、第二次世界大戦後の1945 年を生きていた坊や哲(斎藤工)が、時空を超えてやってくる。彼が目にした未来の戦後は、相次ぐ政治家不祥事に国政は揺れ、少子高齢化も進み、労働者は徹底した管理社会の下、過剰に搾取されていた。

本作の大胆不敵で、攻めた内容は、製作当初から物議を醸していたが、予想に反して仕上がりはとことん振り切った“ブラックコメディ”になったとか。斎藤は本作の企画が立ち上がった時点から参加している。

「“社会でいま起きていることを未来に向けて配信する”、“社会に抗う”というのが、本来、映画が持つ役割の1つでした。例えば、鈴木清順監督の映画や、黒木和雄監督の『原子力戦争 Lost Love』などもそうだし、従軍慰安婦を描いた映画がメキシコだけで公開されたこともあります。でも、いまはそういう露骨な映画は作られなくなってきました。そういうなかで、犯人が逃げる時、シートベルトをしない映画をいまだに撮れているのは、白石和彌監督だけではないかと」。

俳優というだけでなく、生粋の映画ファンでもある斎藤。「僕は映画が好きだからこの仕事を始めたので、どうしても観客側から映画を観てしまう。そういう意味では仕上がり至上主義です。上がりが良ければ、製作段階でいろんなことがあってしかるべきで、そういう大変な現場で命からがら産出された作品のみに宿るものは絶対にあると思うから。僕はそういう映画を観てきましたし」。

『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』(07)などの若松孝二監督に師事していた白石監督だが、斎藤は監督から、ひしひしと“若松イズム”を感じたそうだ。

「若松さんが描いてきたものは、商業映画の逆側に位置していると僕は思っていますが、おそらく本作のテイストも、少なからずその影響を受けているのではないかと。実はそこが大事で、日本映画のライフラインみたいなものでもあると、僕は考えています。それを白石監督は気負いしすぎずに背負っているところがすばらしい」。

そういうエッジの利いた作風と反し、白石監督の穏やかな人柄に、斎藤は驚いたようだ。

「初対面の時からそうでしたが、鬼監督とは対極にある、めちゃくちゃマイルドな方です。映画監督は、スタッフキャストプロジェクトという船に乗せて、楽しんでやってもらうことが一番大事だと僕は思っていますが、白石監督はそのスペシャリストです。『誰も観たことがない、とんでもない映画を一緒に作っていこう』と白石監督に誘われたら、とりあえずその船に乗りたい!と思ってしまいます。乗ったら乗ったでもう逃げ場はないから、あとは自分の役割をしっかり果たす、それだけです」。

平成が終わるいまだからこそ、1945年の戦後と、未来の戦後を両方描くことの意義も斎藤は感じている。

「僕は最近の若い方たちを観ていて、とても古風で昭和的なものを感じています。彼らはデジタルの時代に生まれたのに、なぜかアナログ的なものに興味を惹かれている。もしかすると、彼らの本能がそういう危機感を察知しているのかもしれない。例えばCDは売れないけど、ライブへ行く人が増えていたりと、人が集まるところにはちゃんと出向いている。逆に『若い世代は…』とか『昭和は、昔こうだった』とか言っている僕たちの世代のほうが外に出ていなくて、同じ場所にいる気がします」。

本作では、1945年を生きていた坊や哲が、2020年の戦後を生きている売れない地下アイドルのドテ子と出会い、精神的につながっていく。「坊や哲はアナログの象徴で、ドテ子はいわば、鬱屈した時代のしわ寄せみたいな弱者の象徴です。彼女は、坊や哲から一攫千金を狙わないといけない時代の“圧”みたいなものも感じとっていきます。台本を読んだ時、一見、荒唐無稽な設定だと思ったけど、実は僕たちが生きているいまを描いているとも思いました」。

ドテ子役は、姉妹音楽ユニットチャラン・ポ・ランタンのボーカル・ももが演じた。斎藤はももについて「これまで一人芝居などを経験されていて、ものすごく実力がある方。すごくアナログ的なフィルムの匂いがする方でした」と太鼓判を押す。

また、斎藤は、人間同士の関わり方だけではなく、“戦後”の描かれ方についても、絵空事とは思えないリアリティを感じたそうだ。

「ちょうど佐藤佐吉さんが脚本を執筆していたのは、Jアラート(全国瞬時警報システム)が鳴りまくっていた時期だったそうです。僕たちは戦争というものにとても距離感を感じてきた世代なので、日常であのサウンドが鳴ると、一瞬ドキッとするような危機感を感じますよね」。

Jアラートと言えば、東日本大震災発生時や、北朝鮮弾道ミサイル発射時に流されたのが記憶に新しいところだ。「台本には、戦後という時代がちゃんと練り込まれていて、とても興味深かったです。でも、戦争なんて起きないだろうと思っている僕たちのほうが実は恐ろしいと思っています」。

斎藤が構想10年、映画化を熱望していたという『麻雀放浪記2020』。聞けば聞くほど、早く本編を観たくなる。予告編には「ボーッと生きてんじゃねえよ、ニッポン」とあるが、本編を観れば、ガツンと喝を入れられそうだ。(Movie Walker・取材・文/山崎 伸子)

『麻雀放浪記2020』で主演を務めた白石和彌監督