株式会社学情(本社:大阪市北区/東京都中央区、代表取締役社長:中井清和)では、企業の2020年卒学生に対する採用計画・傾向を明らかにするため、「2020年3月卒業予定者 採用動向調査アンケート」を全国の企業および団体を対象に実施しました。その回答を集計し「採用動向調査レポート」として発表いたしましたのでお知らせいたします。

▽詳しくは以下URLよりご覧ください。
https://service.gakujo.ne.jp/report

以下、主なトピックスをご紹介いたします。

採用予定数は増加傾向。「増やす」が28.1%と前年調査実績をさらに上回る。
採用予定数は「増やす」が28.1%となり、前年の26.1%を2.0ポイント上回った。前年調査から続伸している。「増やす」と「減らす」(5.8%)とのポイント差も22.3ポイントと、前年の21.5ポイントを0.8ポイント上回り、採用意欲は前年以上に高まっている。

企業セミナーの開始時期

企業セミナーの開始時期がさらに前倒しに。広報解禁日を待たずにセミナーに踏み切る企業が大幅に増加。
企業セミナーを3月以前に開始する企業が88.1%と9割に迫った。うち、2月までに開始する企業が前年比12.7ポイント増の43.2%と急増している。一方、3月に開始する企業は前年比9.5ポイント減の44.9%となっており、広報解禁日を待たずにセミナーに踏み切る企業が大幅に増加している。

選考開始についても前倒し傾向。6月以降に選考を開始する企業は9.4%に留まる。
多くの企業が6月よりも前に選考をスタートする。採用広報解禁のタイミングである3月に選考を開始する企業は前年比2.8ポイント増の41.7%、さらに3月より前に選考を開始する企業は前年比6.4ポイント増の17.5%となり、経団連の指針を守って6月以降に選考を開始する企業がほとんどないことが浮き彫りになった。

インターン実施有無

インターンシップ実施企業は6割に。上場企業では82.3%が実施。
インターンシップの実施率は年々増加しており、特に上場企業の高さが目立つ。上場・非上場企業ともに「採用活動と連携させる」企業が7割を超えており、その後の採用を意図したインターンシップを実施しているようだ。

▽詳しくは以下URLよりご覧ください。
https://service.gakujo.ne.jp/report

【調査概要】
○対  象:全国の企業および団体
○調査期間:2019年1月7日1月31日
○有効回答数:1,947件
○調査方法:企業および団体にWEBアンケートを実施
○属性内訳:上場・製造:111社 上場・非製造:199社
非上場・製造:421社 非上場・非製造:1,216

株式会社学情とは
東証一部上場・経団連加盟企業であり、法人株主として朝日新聞社・大手金融機関が資本出資し、優良企業約5,000社と取引をする大手総合就職情報会社です。また、朝日新聞とともにコンテンツを提供する「就職情報サイト〈あさがくナビ(朝日学情ナビ)〉」をはじめ、延べ来場学生20万人以上、延べ参加企業7,000社の日本最大級の「合同企業セミナー〈就職博〉」や、若手社会人ターゲットとした「20代専門転職サイトNo.1の〈Re就活〉」を運営しています。
[創業/1976年 資本金/15億円 加盟団体/一般社団法人 日本経済団体連合会 、 公益社団法人 全国求人情報協会]
https://company.gakujo.ne.jp

■あさがくナビ(朝日学情ナビ)とは
朝日新聞社とともにコンテンツを提供する、学生会員数409,948名・掲載企業数2,549社(2018年8月時点)の新卒学生向け就職情報サイトです。 新卒採用ミスマッチが叫ばれて久しいですが、 あさがくナビは学生と企業のマッチングを促進するサイトとして構成。 AI(人工知能)を搭載した就活ロボが学生一人ひとりの行動記録からマッチした企業を個別に案内するといった、学生と企業のマッチングを促進する仕組みを導入しています。また、朝日新聞のその日の記事から社会や業界に関してのトピックスを就活目線でわかりやすく解説した「今日の朝刊」など、 単なる就活ノウハウの提供ではなく、 社会や世の中を知るためのコンテンツを提供しています。
https://service.gakujo.ne.jp/newgraduate/navi

配信元企業:株式会社学情

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ