(佐藤 けんいち:著述家・経営コンサルタント、ケン・マネジメント代表)

JBpressですべての写真や図表を見る

 世界で初めての「世界大戦」となったのが、いまから約100年前の第1次世界大戦である。第1次世界大戦では、実に多くの若者たちが死傷している。戦死者数の総計は1914年からの4年半で約900万人、非戦闘員の死者が約1000万人、負傷者は約2200万人と推定されている。まさに未曾有の大戦争であった。

 日本が「日英同盟」を理由に参戦したことは、すでにこのコラムでも2回にわたって書いた通りだ(「日本に住みつき『技術』を伝えたドイツ人捕虜たち」「今こそ日本が振り返るべき100年前の海軍の活躍」)。日本が参戦したことによって「世界大戦」となったことはまぎれもない事実である。とはいえ、言うまでもなく主戦場はヨーロッパであった。

 その戦場には、当事者であったヨーロッパ人だけでなく、英連邦オーストラリアニュージーランド、そしてカナダからも人員が大量に投入された。また、英国もフランスも、植民地インドアフリカインドシナ(=ベトナム)から現地人兵士を投入している。まさに国を挙げての「総力戦」だったのだ。

 そして、それはきわめて悲惨な戦争であった。長引く塹壕戦を打開するために戦車や航空機など数々の新兵器が投入され、毒ガスまで投入されている。毒ガスはその時点ではまだ禁止されていなかった。その意味では、第2次世界大戦より悲惨であったといえる。悲惨だったのは戦死者だけではない。重傷を負ったために社会復帰できなかった者や、たとえ生き残っても「シェルショック」(砲弾ショック)という戦争後遺症に苦しんだ者も少なくなかった。現在ではPTSD心的外傷後ストレス障害)の概念に該当するものだ。

最前線で激戦を戦い抜いた2人の若者

 もちろん出征した兵士のすべてが戦死したり社会復帰できなかったわけではない。生還率がきわめて低い激戦を最前線で何度も体験し、負傷しながらも、戦争の4年半を生き抜いた若者たちもいた。

 今回は、その生き残った兵士たちのなかから、2人の若者について見ていきたい。それは、アドルフ・ヒトラールートヴィヒ・ウィトゲンシュタインである。オーストリアが生んだ2人の「天才」である。ナチスドイツ独裁者で「総統」となった「天才的政治家ヒトラーと、「20世紀最大の哲学者」として知られる「天才的哲学者」ウィトゲンシュタインだ。

 あまり注目されることはないが、この2人は同年生まれであるだけでなく、同世代の人間としてさまざまな共通点を持っている。世界大戦が勃発した際には25歳。まだ彼らは何者でもなかった。そしてともに4年半にわたる世界大戦を、徴兵による招集ではなく志願兵として体験し、別々の戦場で激戦を勇敢な兵士として戦い抜き、ともに何度も勲章を授与されている。

 もしこの2人がともに世界大戦で戦死していたら、天才が世に出ることなく歴史から消え去っていたことになる。しかしながら、彼らがこの世界大戦を体験していなければ、無名の若者が天才として出現することもなかったのである。

 ヒトラーが犯した罪の大きさは言うまでもないが、政治家として天才であったことは疑いようがない。ウィトゲンシュタインについても、哲学者として天才であったことは間違いない。

 では、これからヒトラーウィトゲンシュタインという2人のオーストリア人の人生を、世界大戦を中心に見ていくことにしよう。ホロコースト(ショア)というユダヤ人虐殺を実行したヒトラーと、ユダヤ系であったウィトゲンシュタインは対極の位置にあるが、同世代の人間としての共通点も多い。相違点よりも共通点に注目してみたいと思う。

 第1次世界大戦は、20世紀以降の現代史の原点ともなった出来事である。世界を激変させた、そのインパクトの巨大さは第2次世界大戦の比ではない。第1次世界大戦の意味については、拙著『ビジネスパーソンのための近現代史の読み方』(ディスカヴァートゥエンティワン )でも大きく取り上げているので参照していただきたい。

誕生日がたった6日しか違わなかった2人

 アドルフ・ヒトラーは、1889年4月20日に生まれ、ドイツ敗戦間近の1945年4月30日ベルリンの地下壕で自殺している。享年56歳。

 ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインは、1889年4月26日に生まれ、英国で1951年4月29日に入院先の病院で前立腺がんで死亡した。享年62歳。

 お気づきのように、この2人は、誕生日がなんとたった6日しか違わないのだ。星座でいえば、ともに牡牛座である。ヒトラー誕生日4月20日に関しては、牡羊座牡牛座の境にあるので牡牛座とは断定できないようだが、ともに「同じ星の下」に生まれたという言い方も可能だろう。しかも、死亡したのは6年の違いがあるが、たった1日違いである! 単なる偶然とは言い切れないものを感じたくなる。

 2人はともにオーストリア=ハンガリー帝国(=ハプスブルク帝国)でドイツ語を母語とする家庭に生まれ育っているが、身分には大きな違いがあった。ヒトラーは、地方官吏の4男として地方都市リンツ近辺に生まれた。一方、ウィトゲンシュタインは、オーストリア最大の鉄鋼メーカーを一代で築き上げた実業家の末っ子として帝都ウィーンに生まれ育っている。

 ウィトゲンシュタイン家は、「同化ユダヤ人」として、すでにキリスト教に改宗しており、ブルジョワ一族としてエスタブリッシュメントの一角に位置していた。マーラーなどの音楽家やクリムトなどの画家などのパトロンであり、「世紀末ウィーン」のアートを支えていた。何不自由のない生活を送り、好きな道を追求できる立場にあったはずだが、厳格な家父長的な父親との葛藤が、子どもたちすべてに精神的圧迫となっており、すぐ上の兄パウル以外の男兄弟3人はいずれも自殺している。ウィトゲンシュタイン自身も、何度も自殺衝動に駆られている。

 ヒトラーも父親との葛藤を体験している。父親の希望とは異なり画家になる夢を抱いていたヒトラーは、父親と折り合いが悪かった。現代ならミュージシャンになりたいと言い出す息子のようなものだ。いつの時代でも似たようなものであるが、この時代は家父長制で父親の権威はきわめて大きなものがあった。

秀才とはほど遠かった少年時代

 義務教育を終えたヒトラーは、1900年に10歳でリンツの「シュターツオーバー・レアールシューレ」(公立実科中等学校)に進学することになったが、成績は振るわなかった。好きな教師が教える地理や歴史にしか関心を示さず、『わが闘争』で本人が語るところによれば、教師をアタマからバカにしており、他人がどう評価しようがまったく関心がないのである。素行も悪い問題児であり、学校不適応の劣等生であった。

 人生とは不思議なもので、なんとこのリンツの実科学校には、ウィトゲンシュタインも通っていた。同級生だったかどうかまでは分からないが、全校生徒300人のなかに、ヒトラーウィトゲンシュタインがいたことは確かである。ウィトゲンシュタインもまた、自分の好きなことにしか関心がない生徒で、ほとんどの科目で成績はあまりよくなかった。こちらも秀才とはほど遠い。

 なぜ裕福なブルジョワ家庭に育ったウィトゲンシュタインが、兄のパウルのように大学進学コースであるギムナジウムではなく、職業コースであるレアルシューレ(実科中等学校)に進学することになったかというと、ウィトゲンシュタイン子どもの頃から模型製作や機械いじりなど、実際的で技術的なことにしか関心がなかったから、かろうじて実科学校に合格したというのが真相だったらしい。ウィーンの実家を離れて、リンツで下宿していた。

 ともに他人に関心のない変わり者であった2人だが、ヒトラーとは違ってウィトゲンシュタインは、リンツの実科学校は卒業している。その後は、ベルリン工科大学で物理学を専攻して熱気球の研究をし、父親の薦めもあって英国のマンチスター大学で航空工学を専攻している。マンチスター大学在学中にはプロペラに関する特許を取得している。根っからのエンジニア体質であったようだ。その後、関心の中心は数学から論理学へと移行してゆき、航空力学か哲学かに迷った末に、ケンブリッジ大学で哲学探究に没頭することになる。

 一方、成績不良で学校不適応のヒトラーは、リンツの実科学校から田舎町の実科学校に転校するが、結局は16歳で退学することになる。以後、正規の教育は受けておらず「独学の人」として生きることになる。18歳ウィーンに出るまでは、父親の遺産でブラブラしていたらしい。母親と妹、そして叔母と一緒に暮らし、学校には行かず、働きもせず、散歩し、読書し、ときどきオペラに行くというような優雅な「プー太郎」生活を送っていた。

ウィーンの底辺で夢を追っていたヒトラー

 ヒトラーウィーンに滞在していたのは、1907年から1913年までの6年間だ。建築家となることを夢みていたが、夢がかなわないまま浮浪者収容施設で悲惨で惨めな青春時代を送ることになった。ヒトラーが「反ユダヤ主義」に感化されたのは、ウィーン時代である。

 ヒトラーウィーンに滞在していた時期、ウィトゲンシュタインは学業のためベルリンに移っていた。その後は英国のマンチスターとケンブリッジ大学生活を送っていたので、2人が同時期にウィーンにいたわけではない。すれ違いである。「ヒトラーウィーン」と「ウィトゲンシュタインウィーン」では、時期的にも内容的にもズレがある。

 とはいえ、多民族国家オーストリア=ハンガリー帝国が爛熟期を過ぎ、末期状況を示していた時代に生きていた同時代人であることは共通している。帝国は、第1次世界大戦の敗戦とともに消滅することになる(参考:「31歳のイケメン首相誕生か?オーストリアに注目せよ」)

 ヒトラーウィーンの底辺で、たいして才能もないのに建築家になりたいという空虚な夢を追っていたが、現実に敗れて挫折する。その後、ウィーンから南ドイツバイエルンの芸術都市ミュンヘンに移っている。ドイツ系のヒトラーは、多民族国家のハプスブルク帝国で徴兵されることを回避するための徴兵逃れが目的だったという説がある。大戦後に出版した『わが闘争』では、繰り返しかつて存在した自分の祖国をののしっている。

「自分を変える」ために戦争に志願

 ヒトラーウィトゲンシュタインという2人の無名の若者の、そして同世代の若者たちの運命を変えたのは、1914年8月の戦争勃発であった。

 オーストリア=ハンガリー帝国(=ハプスブルク帝国)の皇太子夫妻がセルビアで暗殺された事件をきっかけに両国が戦闘状態に入り、それぞれの背後にいたドイツロシアが参戦、さらにはロシアと同盟関係のあったフランス、さらには英国も参戦し、ヨーロッパ戦線全域が戦争状態になったのである。

 この戦争が勃発したとき、ともにオーストリア人であったヒトラーウィトゲンシュタインは、それぞれまったく別の場所ではあるが、ともに志願して入隊している。義務感や愛国心からというよりも、戦争という劇的な環境変化が、自分を変えることにつながると直感したからだろう。閉塞感を打破して限界まで自分を試したいという欲求、つねに死と向き合っている戦場で「生きているという実感」を確かなものとして感じたい、そういった欲求が強かったのではないだろうか。

 ウィトゲンシュタインは、オーストリア=ハンガリー帝国陸軍の砲兵として「東部戦線」で、ヒトラードイツ帝国傘下のバイエル王国軍の伝令兵として「西部戦線」で活躍することになる。工学教育を受けたバックグラウンドを考えれば、ウィトゲンシュタインにとってはふさわしいものであり、なんら特技をもっていなかったヒトラーが伝令兵になったのは当然といえば当然だろう。だが、砲兵だけでなく、伝令兵もまた危険な任務である。任務のため塹壕を一歩でた途端、敵に撃たれる危険が高いからだ。

 ヒトラーは、配属された「西部戦線」では、激戦にはほぼすべて参加している。1916年のソンムの戦いでは鼠径部を負傷、戦争の最終段階のイープルの戦いでは英国軍が使用した毒ガス攻撃を受け失明し、病院内でドイツの敗戦を知ることになった。失明の原因は心因性のものもあったという説もあるが、文字通り光を失った状態で、人生のどん底を味わうことになる。このとき、自分の使命が何であるか確信したとされる。

「総統」となった独裁者ヒトラーが制服の左胸にいつも着用していた「一級鉄十字勲章」は、ドイツ帝国の勲章である。名誉ある勲章であり、その下に着けていた「1918年版戦傷章黒章」とともに、第1次世界大戦の体験がヒトラーにとっていかに大きな意味をもっていたかを示している。とはいえ、勇敢な兵士として何度も勲章を授与されているにもかかわらず、最終的に下士官には昇進せず兵隊のままだったのは、リーダーとして人の上に立つ能力には欠けるものがあると上官から見なされていたらしい。ウィトゲンシュタインが最終的に陸軍少尉となったのとは大きな違いだ。

 戦争中にヒトラーが発見したのは「大衆」の存在である。人生で初めて軍隊という集団生活を体験したことで、知識人ではなく「大衆」がいかに大きな存在であるか、いかに重要な意味を持つのか、という点を深く認識することになった。あくまでも大衆を相手に、宣伝と演説の力で大衆の気持ちを動かすこと、そして軍隊的規律の強調、これがヒトラーの政治姿勢であり政治手法であるが、もし戦争体験がなかったら独裁者ヒトラーは存在しなかったのである。すぐれた洞察力の持ち主であったことは否定しようがない。

ウィトゲンシュタインが体験した「東部戦線」

 ウィトゲンシュタインヒトラーとは違って、「東部戦線」でロシア帝国軍と戦うことになる。ちなみに、「左手のピアニスト」として知られることになる兄パウルもまた「東部戦線」で従軍している。騎兵将校であったパウルは、偵察行動中に敵の弾丸で右肘を打ち砕かれ、その結果右腕を失うことになる。ロシア軍の捕虜となり、西シベリアの捕虜収容所に送られた。

 ウィトゲンシュタインは、1914年の「ガリツィア会戦」では、砲撃の際のサーチライトの照射を担当(敵の目標にもなるので危険が高い)、その後は兵器工場の技術監督となったが、再び最前線への転出を希望し、砲兵隊に配属され観測手として活躍することになる。着弾点と着弾距離の測定を行い、正確な砲撃を実現するのがその任務である。ロシア帝国との「ブルシーロフ攻勢」(1916年)では激戦で「勇敢賞」を複数回授与されている。

 ドイツ軍フランス軍と英国軍と対峙した「西部戦線」については、『西部戦線異状なし』などの映像作品によって日本でも比較的よく知られている。西部戦線には、戦争の後半に米国軍が投入されることになる。だが、主にオーストリア=ハンガリー帝国軍とロシア帝国軍が対峙した「東部戦線」については、あまり知られていないかもしれない。この機会に、「東部戦線」の最大の激戦であった「ブルシーロフ攻勢」について簡単に見ておこう。

 ブルシーロフ攻勢という名前は、ロシア帝国ロシア南西正面軍司令官アレクセイ・ブルシーロフ将軍の名前からつけられた、ロシア軍オーストリア=ハンガリー帝国軍を中核とした中央同盟諸国軍と戦った戦闘のことだ。

 西部戦線のヴェルダンで膠着状態にあった連合国からの要請で、ブルシーロフ将軍が立案し実行したものだが、オーストリアハンガリー帝国軍に照準を合わせたのは、ドイツ軍と比べて弱体なため、効果を出しやすいと踏んだためだ。

 1916年6月4日から9月20日にかけて3カ月に及んだ戦闘では、南北に長い「東部戦線」の全域でロシア軍が同時多発的に奇襲攻撃を行った。損害も顧みずに大攻勢を続けたロシア軍は、総崩れになったオーストリア軍を敗走に追い込み、ブルシーロフ将軍の想定どおり、オーストリア=ハンガリー帝国の惨敗で終わった。

 オーストリア軍の戦傷者は、なんと150万人(40万人が捕虜)、ロシア軍の戦死者も50万人に及んでおり、双方合わせて200万人の死傷者がでた。規模的には、第2次世界大戦の「スターリングラード攻防戦」に匹敵するものがあるが、8カ月間続いた「スターリングラード攻防戦」に対して、「ブルシーロフ攻勢」は3カ月で同規模の死傷者を出していることを考えると、実に激しくかつ悲惨な戦争であったことが分かるだろう。

 日本ではあまり知る人のないこの戦闘で、ウィトゲンシュタインは、敵の砲撃も顧みず、砲兵として勇敢に戦っていたのである。そして、生還率のきわめて低かったこの激戦で生き残った。

 ロシア側は戦闘に勝利したものの、兵士たちは戦争に疲弊して厭戦気分が高まっていく。ロシア人兵士たちが、5カ月後の「ロシア革命」(1917年2月)の担い手になったのは当然だといえよう。大戦後期の1917年10月、ボルシェヴィキ主導の革命によってロシアドイツと単独講和を結び、ロシアが戦線離脱したことで東部戦線そのものが消滅することになる。

 ちなみに、この東部戦線で使用された武器弾薬は、シベリア鉄道で輸送されてきた日本製のものが含まれていた。当時の日ロ関係は歴史上最も良好だった時期である。戦場にならず生産能力に余裕があった日本では、武器弾薬がフル生産され、それらがロシア軍に供給されていたのだ。

戦場から生まれた『論理哲学論考』

 そして、いよいよ2人の「天才」が開花する。その様子を見ていこう。

 砲兵として激烈な戦闘を体験したウィトゲンシュタインは、任務のあいまに哲学に関する思索をメモをとしてノートに綴っていた。それらまとめ、除隊から4年後の33歳のときに出版されたのが 『論理哲学論考』(1922年)である。生前に出版された唯一の哲学書であるが、簡潔すぎる文章で構成されたこの哲学書は、かなり難解だ。

「語りえぬものについては、沈黙しなければならない」という有名なフレーズで『論理哲学論考』は締めくくられているが、「語りえぬもの」とは、どうやら信仰世界のことを指しているようだ。「6・4節」以下の章は、彼自身の戦争体験が濃厚に反映していると考えたほうがいいのだろう。戦場では、トルストイの『要約福音書』を何度も熟読しており、常に死を前にしていた最前線での戦争体験が、信仰を深めることにつながったようだ。

 第1次世界大戦の戦争体験が生涯を貫いて影響を与え続けたことは、友人のノーマンマルコムが「回想のウィトゲンシュタイン」のなかで、以下のように記している。

<ずっと後になって、ウィトゲンシュタインと、彼の第1次世界大戦従軍のことについて語り合ったとき、彼は絶対に“たいくつ”しなかったと力説した。軍隊勤務がきらいでなかったとも語ったと記憶する。そして、背嚢の中に手帳を入れておいて、ひまさえあれば考えたことを書きつけ、はじめての著書『論理哲学論考』をまとめた事情を話してくれた>
(出典:『ウィトゲンシュタイン 天才的哲学者の思い出』板坂元訳、平凡社ライブラリー、1998)

 あくまでも時間がたってからの回想なので、合理化や単純化のきらいがなくもないが、第1次世界大戦の戦争体験が天才的哲学者を作り出したことは確かだろう。ウィトゲンシュタインは、『論理哲学論考』の出版後には「哲学上の問題はすべて解決した」と言い切り、小学校の教師や修道院の庭師になる。その後、紆余曲折を経て、哲学者のバートランド・ラッセル経済学者ケインズなど英国時代の友人たちからの強い勧めもあって、1929年以降はケンブリッジ大学の哲学教授として赴任することになった。「職業としての学問」を選択することになったのである。

大戦後に明暗を分けた2人の天才たち

 失明状態から奇跡的に回復したヒトラーは、大戦後は軍の諜報組織の一員となって政治結社の調査にあたっていた。そのうちの1つが、当時は弱小であった「ドイツ労働者党」だった。ヒトラーはその党に入党する。ヒトラーは、「職業としての政治」を選択したのである。党名はのちに改称されて「国家社会主義ドイツ労働者党」(NSDAPナチス党)となる。

 ゼロから政党を立ち上げたわけではないが、実質的に小政党の党勢拡大を主導したのはヒトラーの演説の力であった。組織が出来上がっている既存の大政党ではなく、無名の小政党に参加したこと、量的拡大を目的とした合従連衡を一切拒否し、世界観を背景にした政治理念を貫くために独自性を維持し続けたことなどに、ヒトラーの非凡な政治的センスが現れている。

 1923年の「ミュンヘン一揆」が失敗に終わり、有罪判決を受けたヒトラーは獄中で、これまた唯一の著書であった『わが闘争』(マイン・カンプ)を口述筆記、第1巻が1925年に、第2巻がその翌年に出版された。ヒトラー36歳のときである。戦争体験がなければ政治的天才が誕生することはなく、獄中での膨大な読書と思索がなければ思想の深まりもなかったはずである。ただし、その思想の内容の是非は脇に置いておこう。

 1932年には、ドイツ国籍を取得(意外なことに、ヒトラーはそれまでオーストリア国籍であった)、その翌年の1933年には合法的に政権を獲得、第1党となった国家社会主義ドイツ労働者党は、「全権委任法」を可決させ、ナチス党による独裁が確立し、「ニュルンベルク法」(1935年)によってユダヤ人迫害を本格化する。

 その後1938年には祖国オーストリアを併合し、ウィーン市民から熱狂的な歓迎を受けた。屈辱的な青春時代を送ったウィーンへの復讐を行い、ドイツ民族を1つの国家としてまとめ、民族イコール国家という体制の「大ドイツ主義」が実現することになった。

 このニュースを知ったユダヤ系のウィトゲンシュタインは身の危険を感じて、英国への帰化を決心、英国の市民権を取得する。併合の結果、オーストリア国籍が自動的にドイツ国籍となり、「ニュルンベルク法」の適用対象となってしまうからだ。その後、ケンブリッジ大学の哲学教授として、いわゆる「後期ウィトゲンシュタイン」と呼ばれる哲学を展開するが、生前に出版されることはなかった。学者としての人生を全うした彼は、教授職の退任後も哲学の思索に専念し、最期は英国人として没した。

 20世紀前半を代表する政治の天才ヒトラーと哲学の天才ウィトゲンシュタイン。通常この2人を対比させて考えることはあまりないと思うが、「世代論」という切り口で捉えると、一見相異なるかのように見える人間に、かなりの程度の共通性があることが分かる。

 極限状況を伴う戦争体験というのは、極端な体験かもしれないが、たとえ同じ戦場で戦った「戦友」ではなくても、同世代人として同時代の体験をした人間にとって、戦争体験の意味はきわめて大きなものがあるのだ。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  知られざる戦争「シベリア出兵」の凄惨な真実

[関連記事]

31歳のイケメン首相誕生か?オーストリアに注目せよ

「玉砕」を選ばなかったフィンランドに学ぶこと

オーストリア・ウィーンの街並み