3月24日深夜に放送された「ひらがな推し」(テレビ東京)は、日向坂46デビューシングル「キュン」ヒット祈願駅伝の続編。東京・港区にある日向坂(ひゅうがざか)から、旗揚げの神様としても名高い静岡・三嶋大社まで、およそ120kmを10区間に分け、メンバーが駅伝形式でつないでいく今回の企画。今週は5区佐々木美玲&濱岸ひよりペアからのスタートとなった。

【写真を見る】日向坂46として新たにスタートを切ったキャプテン佐々木久美ら

6区は齊藤京子&富田鈴花、7区は井口眞緒&松田好花が担当した。そして8区には東村芽依&丹生明里が登場するが、実はこの8区、“箱根の険”に差し掛かる難関コースで、同行トレーナー牧野仁氏によるとほかの区間に比べると1.5倍キツイとのこと。

丹生は「こんな坂道をこんな長距離走ったことがない、結構キツイ」と事後インタビューで漏らしていた。

途中の給水ポイントでは「膝と腿と…脚全部が痛いです」と表情を曇らせていた丹生。それでも「目の前が先輩(東村)の走っている姿で、その背中に助けられる。ついていくぞっていう気持ちになって、それだけで頑張ろうと」と東村の走りに助けられたことも明かしていた。

そしてようやく中継地点へとやってきた東村&丹生。丹生は号泣しながら「走り切れて良かったです。『大丈夫?』って声掛けてくださって」と東村に感謝しつつ、安堵(あんど)の表情を浮かべていた。そして襷は9区の柿崎芽実&渡邉美穂ペアに渡された。

ネット上では「明らかに丹生ちゃんとめいめいが1番大変そうだったなぁ…ほんとよく頑張った」「めいにぶお疲れ様〜」「急勾配の区間よく頑張ったよ」「先輩後輩の絆」「夜中に、泣いちゃったよ」「あの箱根の坂道を、よく頑張った」「めいちゃんかっこいい」など、二人の健闘をたたえるメッセージが多数寄せられていた。

次回の「ひらがな推し」は、3月31日(日)深夜放送。残り2区間となったヒット祈願駅伝の完結編をオンエア予定。柿崎&渡邉ペアに続き、いよいよ10区にキャプテン佐々木久美と「キュン」でセンターを務める小坂菜緒が登場する。(ザテレビジョン

日向坂46東村芽依の姿にも反響が