Maisfutebol』は26日、「ウクライナ代表チームで出場したFWジュニオール・モラエスは、登録不可能であった可能性がある」と報じた。

今回のインターナショナルマッチデーで初めてウクライナ代表に招集されたシャフタール・ドネツクのFWジュニオール・モラエス。

彼は1987年まれの31歳で、ブラジル出身のストライカー2012年ウクライナへやってきてから、メタルルグ・ドネツク、ディナモ・キエフ、シャフタール・ドネツクでプレーしてきた。

そしてポルトガル戦、そしてルクセンブルク戦で出場。ウクライナ代表としての初キャップを獲得している。

しかし記事によれば、このジュニオール・モラエスにはブラジル以外の代表でプレーする資格がない可能性があるという。

まず、FIFAの規定においては国籍を持っている国以外でプレーするためにはいくつかの条件をクリアする必要がある。

その国で生まれている その国で生まれた親がいる その国で生まれた祖母、祖父がいる 18歳以降に5年間その国で継続的に居住した経験がある

これらのいずれかを満たさなければ帰化は許されない。

ジュニオール・モラエスがウクライナに来たのは2012年であるため一見クリアしているように見えるが、その間に中国の天津泰達で半年間プレーしていたという履歴がある。

そのため連続した居住経験という点では4年8ヶ月しかなく、FIFAの規定を満たしているのかどうかが不透明である。

【関連記事】カタール代表が帰化させた・帰化させそこなった“反則”外国人5名

同じケースアンドリューデュランテ(オーストラリアニュージーランド)の場合、3ヶ月間のローン移籍だったことが考慮され、帰化が認められている。

果たしてジュニオール・モラエスについてはどのように裁定が下るのか…。なお、もしこれが違反と認められれば、ポルトガル戦とルクセンブルク戦の結果は0-3の敗北扱いとなる。

ウクライナ代表、EURO予選で「不適格選手」起用か…2試合没収の可能性も