3月30日(土)に生放送される土曜プレミアム フジテレビ開局60周年特別企画「ENGEIグランドスラム LIVE」(夜7:00-11:10、フジテレビ系)の出演者第3弾が発表された。

【写真を見る】地元岡山の住民たちへ笑いを届ける千鳥

今回は、平成最後のENGEIグランドスラム」であることから、平成、そして新元号を笑いで彩る3つの特別企画を実施。被災地に笑いを届ける企画には、サンドウィッチマン、千鳥、アンガールズらが出演。平成のリズムネタ企画には、8.6秒バズーカーら登場。そして次世代を担う「お笑い第七世代」の芸人が集う企画には、EXIT、かが屋、宮下草薙がステージに立つ。

■ 3つの特別企画の詳細は?

1つ目の特別企画は「被災地に笑顔を届けたい!ENGEI出張LIVE」。

記憶に新しいところだけでも「東日本大震災」「熊本地震」「西日本豪雨災害」「北海道胆振東部地震」と、災害とともにあったと言っても過言ではない平成。広島出身のアンガールズ、宮城出身のサンドウィッチマン、岡山出身の千鳥らが、それぞれなじみの深い故郷へ向かい、住民の方に少しでも笑顔のプレゼントができればという思いを胸にネタを披露する。

■ 平成の代表&次世代を担う芸人が続々登場

2つ目は「平成リズムネタ博物館」。

平成の世を大いに魅了したリズムネタが一挙集結。コウメ太夫小島よしおジョイマンにゃんこスター8.6秒バズーカー、藤崎マーケット、平成ノブシコブシの吉村崇、レギュラーの8組が、珠玉のリズムネタ・ラッシュを繰り広げる。

3つ目は「平成生まれ限定!お笑い第七世代芸人」。

平成が終わり、新元号が間もなく始まろうとしている中、次世代を担う「お笑い第七世代」の芸人が本気のネタを披露。第1弾で出演が発表されている霜降り明星、ハナコ、ゆりやんレトリィバァに加えて、EXIT、かが屋、宮下草薙が参戦。平成生まれのレースチャンピオンたちのネタをはじめ、ミレニアル世代である彼らだからこそ生み出せる新たな笑いは見逃せない。

ほか、総勢90人を超える人気芸人が一堂に会し、“日本一豪華なネタ番組”の史上最も豪華なステージの幕が開ける。(ザテレビジョン

サンドウィッチマンは地元宮城でネタを披露!