西島秀俊主演で、3月30日(土)と31日(日)の2夜連続で放送されるスペシャルドラマ名探偵・明智小五郎」(テレビ朝日系)に、地下アイドルユニット「幻.no(マボロシドットノー)」が出演することが分かった。

【写真を見る】「名探偵・明智小五郎」で西島秀俊と伊藤淳史がバディに

西島が推理作家・江戸川乱歩の生み出した名探偵・明智小五郎に扮(ふん)し、明晰(めいせき)な頭脳とアクションを駆使して、ネット犯罪の脅威が忍び寄る現代のずる賢いサイバー犯罪に挑んでいく本作。

“マボテン”の愛称で親しまれる「幻.no」は、早乙女ゆみの、沖本蒼奈、日奈森あこ、水神結真によって2018年に結成され、イベントブッキングから衣装&楽曲製作、振り付けまで、メンバー自らが担当する地下アイドルだ。

今作では、明智が追う事件と別軸で展開される“もう一つのミステリーの鍵”を握る地下アイドルユニット「まゆぽよと幻の四天王」の“幻の四天王メンバーとして出演する。

早乙女ゆみの「親にもすぐに連絡しました」

今作のメガホンをとる木村ひさし監督の舞台に出演したことがきっかけとなり、メンバー全員でのドラマ初主演を果たす“マボテン”。

早乙女は「“え!? 信じられない!? ドッキリ!?”みたいな感じでした(笑)グループとして初めてのドラマが、あの有名な明智小五郎だなんて…感激しました。親にもすぐに連絡しました」と出演に歓喜。

劇中のライブシーンでは、自身の持ち歌を披露するなど、キュートエネルギッシュなパフォーマンスを展開する。

早乙女は「私たちの楽曲を2曲(『この指止まれ!』『金返せ!』)も歌えたのは、本当にうれしかったです!」と感激し、「撮影は夜遅くまでかかったんですけど、めちゃくちゃ楽しかったです。普段だったら絶対眠くなるはずなのに…(笑)スタッフさんも気さくな方ばかりで、始終楽しい撮影でした!」と、興奮まじりに撮影を振り返った。

また、“幻の四天王”を演じる彼女たちのセンターには、謎の地下アイドル“まゆぽよ”の存在が。

「私たちの楽曲を歌うシーンでも、歌詞をしっかり覚えてくれていて、ダンスも上手! 新メンバーに入ってほしいくらい、かわいかったです!!」と早乙女が大絶賛する“まゆぽよ”の正体は、オンエアにて明らかになる。(ザテレビジョン

「幻.no」が、謎の地下アイドル「まゆぽよ」と “2夜限定の新ユニット”を結成?