強盗に襲われた被害者は、怪我がなかったとしても大切な所有物を奪い去られると当然ショックが激しく、後に大きなトラウマとなり得る。その所有物が取り換えのきかないかけがえのない形見だとしたらなおさらだ。このほど、6年前に亡くなった娘の形見が入った財布を強盗に奪われた母親が、Facebookで「返してほしい」と悲痛な思いを綴った。『Manchester Evening News』『The Scotsman』などが伝えている。

スコットランドマリーに住むカースティー・ボールドウィンさん(35歳)は3月20日午後10時半頃、マンチスター空港から自宅に戻る途中でグレーター・マンチスターのミドルトンにある高速道路サービスステーションに立ち寄りコーヒーを買った。

車に戻って運転席に座り、助手席にマイケルコースのトートバッグを置いたところへ突然助手席のドアが開けられ、男にハンドバッグを盗み去られた。男は連れと見られる女がハンドルを握る車に飛び込むと、そのまま逃走した。

カースティーさんのトートバッグにはiPadパスポートユーロ紙幣が詰まった財布など貴重品が入っていたが、その財布には6年前の2013年2月8日に気管支肺炎により2歳で突然この世を去った娘エリー・ルイーズちゃんの形見の品が入っていた。それはエリーちゃんのブロンドの髪1束が収められたメモリアルカードで、かけがえのないものだった。

愛する娘の大切な形見を奪われたカースティーさんは、悲痛な思いで3月22日Facebookに投稿し、このように綴った。

「盗まれた物のほとんどは替えがきくものですが、娘エリーの毛髪だけは唯一のものです。娘が亡くなった夜に着ていた服以外に残されたものが、その髪なのです。みなさん、どうか写真をシェアして娘の髪を見つけてください。娘の形見が私のもとへ戻るよう、どうか協力してください。警察もFacebookに写真を投稿してくれるそうですが、今は監視カメラの映像の確認をしているようで連絡待ちです。バッグを奪った犯人、どうか正しいと思えることをしてください。近くの警察署にバッグを届けてください。」

グレーター・マンチスター警察ロッチデール地区のチェリーカッスル巡査は、「強盗の被害に遭うというのは、どんな状況であっても被害者に大きなトラウマを残します。カースティーさんとご家族は、特にかけがえのない大切なものまで奪われて、大きな悲しみに沈んでいます。何としてでも形見がカースティーさんの手元に戻るように、我々は全力で犯人に関する目撃情報などを集め、捜査をしています」と話している。

現在、カースティーさんの投稿は多くのユーザーらにシェアされ、「形見が戻ることを祈っています」といった励ましの声が寄せられている。

画像は『The Scotsman 2019年3月24日「Scottish mum pleads for thieves to return lock of hair from daughter who died aged two」(Picture: Cascade)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト