女優の蒼井優、竹内結子、松原智恵子、俳優の山崎努が出演する中野量太監督の最新作『長いお別れ』より、撮影風景や、キャストたちが監督と和やかに談笑する様子を収めたメイキング写真が解禁された。

【写真】『長いお別れ』メイキングカット&東家のダイニングキッチン

 本作は、直木賞作家・中島京子の同名小説を、日本アカデミー賞ほか国内映画賞34部門を受賞した『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野監督が、自身のオリジナル脚本により実写化認知症を患った元中学校校長の東昇平(山崎)、献身的な妻の曜子(松原)、人生の岐路に立たされている2人の娘・芙美(蒼井)と麻里(竹内)の物語が描かれる。

 父の70歳の誕生日。久しぶりに帰省した娘たちに母から告げられたのは、厳格な父が認知症になったという事実だった。それぞれの人生の岐路に立たされている姉妹は、思いもよらない出来事の連続に驚きながらも、変わらない父の愛情に気付き、前に進んでいく。ゆっくり記憶を失っていく父との7年間の末に、家族が選んだ新しい未来とは…。

 映画化のオファーをもらう前から原作を読んでいたという山崎は「これが映画化されるとしたら、昇平役は自分のところにオファーが来るのではないか」との不思議な予感を感じていたという。

 解禁された写真は、中野監督と山崎が台本を見ながら真剣な表情で打ち合わせをしている様子や、蒼井、竹内、松原の女優陣3人と監督がスマートフォンの画面を見ながら和やかに談笑しているもの、施設の食堂で昇平と娘・芙美が対話している場面の撮影風景など、メイキング画像5点と、誰もいない東家のダイニングキッチンを写し出した写真の計6点。

 過去の中野監督作品では、『チチを撮りに』や『湯を沸かすほどの熱い愛』、短編『琥珀色キラキラ』でも、“家”がもうひとつの主人公といえる重要な役割を担ってきた。今回、東家の撮影場所に選ばれたのは千葉県郊外にある一軒家。つい最近まで実際に人が住んでいた家屋で「まだ人の気配がある」という点が、美術による作り込みだけでは生まれない“生きた家”の空気感を感じさせている。「居間からキッチンが見える」という間取りも、中野監督の過去作から散見される共通点だが、「母親のいる場所」=「キッチン」だとすれば、そこから「家族のいる場所」=「居間」が見えるという位置関係は、本作においても欠かせない要素だったという。

 映画『長いお別れ』は5月31日より全国公開。

映画『長いお別れ』メイキングカット(C)2019『長いお別れ』製作委員会