データインフラのリーディンカンパニーとして、IntelliFlash NVMeオールフラッシュアレイおよびハイブリッドフラッシュアレイを投入 - 究極の性能、低遅延、優れた経済性が求められるミッションクリティカルエンタープライズワークロードに対応

データインフラストクチャ―のリーディンカンパニーであるウエスタデジタルコーポレーションNASDAQ:WDC、以下ウエスタデジタル)は本日、日本市場向けにIntelliFlash™ NVMe™ファミリーオールフラッシュアレイおよびハイブリッドフラッシュアレイを同社の販売チャネルネットワークを通して提供開始したことを発表しました。これにより、ウエスタデジタルデータセンターシステムDCSグループの堅調な成長と勢いをさらに促進し、シリコンからシステムまで垂直統合した革新的なソリューションを提供し、世界中の顧客がデータを保護、活用、変換し、その価値を最大限に引き出せるように支援します。IntelliFlashファミリー製品はウエスタデジタルの市場におけるポジションをさらに強化し、オブジェクトストレージシステムActiveScale™、NVMe-over-fabric(NVMe-oF)のコンポーザブルインラストクチャーOpenFlex™、Ultrastar(R)ファミリーのストレージサーバーやプラットフォームなど、拡大を続けるDCS製品群に加わります。


エスタデジタルコーポレーションhttps://www.westerndigital.com/ja-jp
IntelliFlashファミリーhttps://www.westerndigital.com/ja-jp/products/storage-systems#all-flash-hybrid-storage
オブジェクトストレージシステムActiveScale™: https://www.westerndigital.com/ja-jp/products/storage-systems/activescale-systems
OpenFlex™: https://www.westerndigital.com/ja-jp/products/storage-platforms/openflex-composable-infrastructure
ストレージサーバーhttps://www.westerndigital.com/ja-jp/products/storage-systems/activescale-systems
ラットフォーム: https://www.westerndigital.com/ja-jp/products/storage-platforms

エスタデジタルでは市場における取り組みの一環として、専任の地域営業部門、カスタマーサポートフィールドシステムエンジニア体制を構築し、仮想化やデータベースアプリケーションの加速化から、リアルタイム取引、機械学習(ML)、人工知能(AI)、ビッグデータ解析といったデータ負荷の高いアプリケーションまで、クラウド規模のミッションクリティカルワークロード向けの次世代ストレージインフラを活用したいと考える企業の増加に対応しています。

IntelliFlash NVMeオールフラッシュアレイおよびハイブリッドフラッシュアレイ
エスタデジタルIntelliFlashファミリーは、高い性能、膨大なデータの集約、組込みデータ保護、データ管理の簡素化を求める顧客向けのターンキーソリューションです。初めてのNVMe統合型フラッシュアレイ製品の一つとなるIntelliFlash N-Seriesは、NVMeならではの速度と効率性を活かし、NVMe非対応オールフラッシュアレイの最大3倍の性能を提供しつつ、200マイクロ秒の低レイテンシーを実現します。IntelliFlashの全アレイでファストデータマルチグレードのフラッシュストレージメディアに配置し、最大限の高速化と一貫した応答性を可能にします。インライン圧縮や重複排除などIntelliFlash OS 3.9による幅広い一連のデータサービスと、SANおよびNASプロトコルネイティブサポートにより、IntelliFlashアレイは世界中の何千もの顧客拠点で展開され、取引処理、リアルタイム解析、データベース、仮想化、ファイルサービスワークロードなどに共通のアプリケーションを加速化してきました。IntelliFlashファミリーは最大13ペタバイト(PB)までのストレージ容量で提供します。

IntelliFlash N-Serieshttps://www.westerndigital.com/ja-jp/products/storage-systems/intelliflash-nvme-all-flash-arrays

エスタデジタルジャパン エンタープライズビジネス担当 シニアディレクターの河野通明は、次のように述べています。「アプリケーション要件の拡大、膨大なデータセットデータタイプ、それに伴うビッグデータ解析やAI/MLなどのワークロードに直面するお客様は、包括的なストレージシステムとソリューションを、ワークロードに最適な価値、性能、経済性とともに提供できる単一ベンダーを求めて、当社にご相談をいただいています。このたび、IntelliFlashを日本のお客様向けに提供開始すること、また、専任のエンタープライズ営業部門が、お客様の次世代インフラ展開と将来のビジネスニーズへの対応を支援していくことを発表でき、嬉しく思います。」

エスタデジタルIntelliFlashの顧客は、世界中に数千社にのぼり、ガートナー社のマジック・クアドラント2018 「ソリッドステートアレイ部門」(※1)において「ビジョナリー」の評価を獲得しています。また、最近発表されたガートナーピアインサイト「お客様の声」ソリッドステートアレイ部門ではウエスタデジタルIntelliFlashアレイレビューで非常に高い評価を受けました(※2)。

エスタデジタルデータセンターシステムポートフォリオ
IntelliFlashファミリーの新製品が加わることにより、ウエスタデジタルデータセンターシステムポートフォリオはオンプレミス、プライベート、パブリック、ハイブリッドクラウド環境や、リアルタイムAI/ML、ビッグデータ解析、仮想化エンタープライズアプリケーション、高性能データベース、地理的に分散したクラウド規模の高密度レポジトリー、その他多くの様々なアプリケーションワークロードに幅広く対応できるようになります。IntelliFlashファミリーが加わるDCSソリューションのその他の製品群は以下のとおりです。

• ペタバイト規模のハイブリッドクラウドオブジェクトストレージシステムActiveScaleは、これまでにない非構造化データの拡大に対応するコスト効果と拡張性の高いソリューションを提供し、Data Foreverアーキテクチャーを実現します。S3互換のActiveScaleシステムは柔軟な拡張性(スケールアップスケールアウト)、極限のデータ耐久性(最大19-nines、99.99999999999999999%)、統一インタフェースの管理を提供し、あらゆる種類の非構造化ビッグデータを容易に保存できる経済的な選択肢となります。

• Ultrastar(R)ソフトウェアファインドストレージ(SDS)サーバーおよびプラットフォームは、次世代の分散型ストレージやSDSシステムの主要な要素となるオールフラッシュハイブリッドディスクストレージプラットフォームの製品群で、高い密度と柔軟性を、優れた性能コストバランスとともに提供します。この製品群では、コンパクトで効率的なフォームファクタで最大1.4PBのraw容量を提供します。Ultrastarプラットフォームの全製品はハイブリッド構成で最大24個のSSDに対応し、要件の厳しいアプリケーション向けの高性能なストレージ階層を実現します。

• NVMe over Fabric(NVMe-oF)のオープンコンポーザブルインラストクチャーOpenFlexは、データセンターを拡張性の高い柔軟な次世代環境に変革し、今日のビジネスにおける様々なアプリケーションや複雑なデータワークフローに効果的に対応することを可能にします。OpenFlexにより、ディスクフラッシュ、コンピューティングをオープンコンポーザブルAPIにより組み込み、データセンターソースの共有プールから仮想ストレージシステムを構成することが可能です。特に革新的なのは、ディスクベースのリソースフラッシュベースストレージと同一のファブリックやプロトコルを共有できる点で、柔軟性と価値を提供します。SLAとコスト要件のバランスを取りながら仮想システムを構築することが可能となります。OpenFlexは従来のハイパーコンバージドインフラと比較してTCOを最大40%削減します。

エスタデジタルは40年以上にわたるHDDフラッシュメモリー事業の経験と革新を活かし、データが事業や社会にもたらすことのできる革新的な影響に関する深い知識を提供し、顧客と緊密に協業しながら、特定の目的と機会を十分に把握し、信頼性の高い垂直統合されたソリューションを提供し、エッジからコアまで顧客のニーズに応えます。ウエスタデジタルは主に8カ国で事業を展開し、アメリカ大陸アジア太平洋、欧州、インド、日本、中東に広く拠点を有しています。

■製品に関する問い合わせ
リリースに掲載している製品に関するお問い合わせは下記のメールアドレスにお願いします。
お問い合わせ先: info_storage@wdc.com


エスタデジタルの各種アカウント:
Twitter (日本語): https://twitter.com/WesternDigiJPN
LinkedIn: https://www.linkedin.com/showcase/westerndigitaldatacentersolutions/
Bloghttps://blog.westerndigital.com/
Facebook (日本語): https://www.facebook.com/WesternDigitalJapan/
YouTubehttps://www.youtube.com/playlist?list=PL6noQ0vZDAdgj4uP8ljf3UbiB6VdhE1YX&disable_polymer=true

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

(※1) Gartner, Magic Quadrant for Solid-State Arrays, Valdis Filks, John Monroe, Joseph Unsworth, Santhosh Rao 2018年7月23日2015年2016年2017年の報告書では、ウエスタデジタル2017年9月に買収したTegileとして記載されています。

(※2) 出典:Gartner, “Gartner Peer Insights ‘Voice of the Customer’: Solid-State Arrays” 2019年1月23日

■ウエスタデジタルについて
エスタデジタルは、データ社会が発展する環境を創造し、かつてなく多様化するデータの保存、保護、アクセス、変換に必要なイノベーションを推進していきます。先進的なデータセンターからモバイルセンサーパーソナルデバイスまで、データが存在するあらゆる場所において、業界をリードするウエスタデジタルのソリューションはデータの可能性を広げます。ウエスタデジタルは、Western Digital(R)、G-Technology™、SanDisk(R)、Upthere™およびWD(R)のブランドデータ・セントリック・ソリューションを展開しています。

(C) 2019 Western Digital Corporation or its affiliates. All rights reserved.
Western Digital、Western Digitalロゴ、ActiveScale, IntelliFlash, OpenFlex, Ultrastarは、米国およびその他の国におけるWestern Digital Corporation、またはその関連会社の登録商標または商標です。NVMe™マークは、NVM Express, Inc.の登録商標です。他のすべての商標類は、各所有者の財産です。製品仕様は予告なく変更となる場合があります。すべての製品が世界の全地域で提供されるわけではありません。

■Forward-Looking Statements
This news release contains certain forward-looking statements, including statements regarding the applications, benefits, capabilities, features and performance of Western Digital’s Data Center System business unit product line. There are a number of risks and uncertainties that may cause these forward-looking statements to be inaccurate including, among others: volatility in global economic conditions; business conditions and growth in the storage ecosystem; impact of competitive products and pricing; market acceptance and cost of commodity materials and specialized product components; actions by competitors; unexpected advances in competing technologies; our development and introduction of products based on new technologies and expansion into new data storage markets; risks associated with acquisitions, mergers and joint ventures; difficulties or delays in manufacturing; and other risks and uncertainties listed in the company’s filings with the Securities and Exchange Commission, including our most recently filed periodic report to which your attention is directed. The company undertakes no obligation to update the information in this release in the event facts or circumstances change after the date of this release.

配信元企業:ウエスタデジタル

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ