林家たい平が、3月30日(土)放送の「サワコの朝」(毎週土曜朝7:30-8:00、TBS系)にゲスト出演する。

【写真を見る】林家たい平が高座で“打ち上げ花火”を披露

番組冒頭、「ごあいさつ代わりに…」と故郷の“打ち上げ花火”を体一つで表現する芸を披露したたい平は、今や古典落語の名手として年間300回ほど高座に上がり、テレビでも活躍しているが、実は学生時代は美術の教師を目指していたと明かす。

現役で武蔵野美術大学に入学し、日々授業の課題に追われる中で、ふとラジオから流れてきた柳家小さんの至芸に衝撃を受けたと告白。

そこから落語の面白さ、奥深さに目覚め、大学4年生の時に落語を二席覚えるや、自分の力量を試そうと着物姿でげたを履き、ふんどしを締めて、おじいちゃんおばあちゃんに落語を披露する一人旅に出たと振り返る。

大学を卒業後は、林家こん平に弟子入りを志願すると、大師匠・林家三平の家で“行儀見習い”として住み込み生活をスタート海老名家での当時の思い出や“たい平”という名の由来、さらには紳士服の仕立て業を営んでいた父親との秘話など、意外な素顔を語っていく。

レジェンドたちの裏話も

さらに、落語界のレジェンドたちの面白い裏話も。81歳の高齢にも関わらず、前座よりも前に楽屋入りする林家木久扇や、たい平がいくら手を挙げても全然指してくれなかった(5代目)三遊亭圓楽師匠など、「笑点」(毎週日曜昼5:30-夜6:00、日本テレビ系)でおなじみのメンバーたちの秘話を明かしていく。

小さい頃から父との日常会話の中に「落語」があったという阿川佐和子とたい平ならではの、落語の魅力を語るトークは必見。(ザテレビジョン

林家たい平が番組冒頭で「ごあいさつ代わりに」と始めたのは…