ロードウェイトップスターが渋谷に集結!
本場の興奮をそのままに、世界最高水準のパフォーマンスをお届けする『ザ・ブロードウェイミュージカルコンサート
今年1月にオーチャードホールで開催され、「オール海外キャスト、それもスターばかりによるミュージカルコンサートを日本で観てみたい」というお客様の声から生まれた『ヴォイス・オブ・ウエストエンド』のプロデュースチームが満を持して開催するのが本コンサート。『ヴォイス・オブ・ウエストエンド』のご来場者アンケートでは実に96%以上の方から「満足」と評価され、「今まで観たどのコンサートよりも良かった」「シリーズ化を」などの大好評を得た。
そして、演劇の聖地ウエストエンドからエンターテインメントの本拠地ブロードウェイへ。キャスティングにも大いにこだわり、トニー賞を受賞、あるいは候補になったことを基準として選出。今のブロードウェイの熱気を伝える「旬」のキャストが揃った。本場でもなかなか実現できない顔触れの貴重なコンサートだけに、キャストの意気込みも既に高まっている。
待望のキャストからコメントが到着。同時に、セットリストの一部が公開された。

【第1弾セットリスト
Stars 『レ・ミゼラブル』より
Music of the Night 『オペラ座の怪人』より
♪ She Used To Be Mineウエイトレス』より
Corner of the Skyピピン』より
♪ If I Were A Boygleeグリー』(原曲:Beyoncé)より
Seasons of Loveレント』より    and more
※楽曲は変更になる場合がございます。

一部公開されたセットリストトニー賞関連作品に重きを置き、日本ではあまり聴くことができない楽曲から人気作品のナンバーまでを選曲。『レ・ミゼラブル』25周年公演でのノーム・ルイス(ジャベール役)の名歌唱で知られるナンバー「Stars」。巨匠アンドリューロイド・ウェバーの代表作『オペラ座の怪人』でファントムが歌って、劇的に人の心を揺り動かす「Music of the Night」。
ウエイトレス』からは主役ジェナが「過去の自分がいたからこそ、今の自分がある」と力強いメッセージを伝える「She Used To Be Mine」。ドラマgleeグリー』でトランスジェンダーウェイド“ユニークアダムス役が歌って大きな反響を呼んだ「If I Were A Boy」(もし僕が男の子なら)。さらに
ロードウェイの不朽の名作『ピピン』から「Corner of the Sky」、『レント』から「Seasons of Love」と幅広く楽しめるセットリストだ。
音楽監督、編曲者、作曲者そして指揮者として豊富な経験を持つジョン・クォークが『ヴォイス・オブ・ウエストエンド』に続いて本作でも音楽監督・指揮を務め、豊潤な世界を紡ぎ出す。
ロードウェイで活躍するトップスターが勢揃いし、ドラマティックな歌声を本物だけが持つ迫力で披露する『ザ・ブロードウェイミュージカルコンサート』。ブロードウェイで歴史を刻んだ代表作からのナンバーやこのコンサートでしか聞けない特別な組み合わせのデュエットなど、極上の歌声が混じり合って素晴らしい音楽を生み出す奇跡のステージだ。かつてない感動を劇場で体感してほしい。

キャストコメント
ノーム・ルイス(Norm Lewis)
「それぞれの出演者を代表する曲を披露するだけでなく、デュエットや全員によるパフォーマンスができることも楽しみにしている。このコンサートを心から満喫して、観客ともその楽しさを共有したいね」
[プロフィール]
ロードウェイを代表するバリトンボイス。『レ・ミゼラブル』25周年公演でジャベール役を演じ、『オペラ座の怪人』ではアフリカアメリカ人としてブロードウェイ史上初のファントム役を演じて世界の注目を集めた。2012年『ポーギーとベス』のポーギー役でトニー賞主演男優賞ノミネート。豊かな歌声とあたたかみのある人柄が魅力のノームは『ザ・ブロードウェイミュージカルコンサート』ではキャスティングや選曲に大きな役割をはたす。

ギャヴィン・クリール(Gavin Creel)
「僕たちの大好きなヒット曲だけでなく、ブロードウェイで出演した作品などもある素晴らしいセットリストだから、歌うことだけでなく、僕自身が聴けることに興奮しているよ」
[プロフィール]
2002年モダン・ミリー』のジミー役でブロードウェイデビューし、トニー賞主演男優賞にノミネート。2008年『ヘアー』のクロード役でも同賞にノミネートされた。2017年『ハロー・ドーリー!』のコーネリアス役でトニー賞助演男優賞を受賞。爽やかな風貌と伸びやかな歌声で人気を集める。『ブック・オブ・モルモン』ウエストエンド公演のエルダー役でローレンスオリヴィエミュージカル主演男優賞を受賞するなど、英米で活躍する。

ジェシー・ミューラー(Jessie Mueller)
キャストそれぞれを象徴する曲と、予想外の組み合わせのデュエット曲が一度に聞ける楽しいコンサートよ!」
[プロフィール]
2014年シンガーソングライターキャロルキングの半生を描いた『ビューティフル』にキャロル役で主演してトニー賞主演女優賞を受賞し、一躍ブロードウェイアイコンとなった。『ウエイトレス』のジェナ役、『回転木馬』のジュリー役で同賞ノミネート。卓越した歌唱力と表現力で観客を魅了する歌姫。

アレックスニューウェル(Alex Newell
「全力でパフォーマンスするよ!」
[プロフィール]
34.000人が参加したオーディション番組『Gleeプロジェクト』で勝ち残ったことをきっかけに、ドラマgleeグリー』でトランスジェンダーウェイド“ユニークアダムス役を演じた。個性的なキャラクターとパワフルボイスで日本でも一躍注目を集めた。『アイランド』に大地の母アサカ役で出演し、ブロードウェイデビューを果たす。

プロデューサー・中島康雄(読売新聞社)コメント
「今回の出演者4人の歌唱力は本当に圧巻です。“半端ない”です! 世界にはこんなにすごい人たちがいるということを、日本にいながらして感じてもらえる「ザ・ブロードウェイミュージカルコンサート」。
音楽監督・指揮は、大好評を博した「ヴォイス・オブ・ウエストエンド」と同じジョン・クォーク氏が務めています。“姉妹関係”にあると言える二つの公演に共通する世界観を感じてもらえるはずです。ぜひ世界の凄さを体験しにきてください!」

【公演概要】
■公演名  『ザ・ブロードウェイミュージカルコンサート
■日 程 2019年5月18日(土)13:30 / 18:00
5月19日(日)13:30
■会 場  東急シアターオーブ渋谷ヒカリエ11階)
■主 催  読売新聞社/WOWOW/キョードー東京
■出 演
ノーム・ルイス、ギャヴィン・クリール、ジェシー・ミューラー、アレックスニューウェル
■公式HP:https://broadway2019.jp/
■公式Twitterhttps://twitter.com/bwmconcert
■公式Facebookhttps://es-la.facebook.com/pg/BWMConcert/posts/
■音楽監督 ジョン・クォーク コメント動画https://www.youtube.com/watch?v=pWMHZWnv0S4

【チケット情報】
S席12,500円 / A席9,000円 / B席6,000円 / U25チケット7,000円
■キョードー東京 
0570-550-799(オペレーター対応 平日11:00~18:00/土日祝10:00~18:00
■チケットぴあ http://w.pia.jp/t/tbmc/
0570-02-9999(自動音声)Pコード140-330
イープラス http://eplus.jp/broadway2019/
ローソンチケット https://l-tike.com/broadway2019
0570-000-407(オペレーター対応 10:00~20:00 Lコード不要)
0570-084-003(自動音声対応 Lコード必要)
ローソンミニストップ店内Loppi直接購入 (Lコード:37008)
■Bunkamura https://my.bunkamura.co.jp
03-3477-9999(オペレーター対応 10:00~17:30)
東急シアターオーブチケットカウンター渋谷ヒカリエ2F/11:00~19:00
BunkamuraチケットカウンターBunkamura1F/10:00~19:00

               

配信元企業:株式会社WOWOW

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ