3月31日(日)阪神競馬場で行われる、大阪杯(G1・4歳上オープン・芝2000m)の枠順は下記の通り。

トップホースがドバイに遠征する中でも、G1馬が8頭参戦とレベルの高いメンバーが集まった。強い4歳世代からはダービーワグネリアン皐月賞馬のエポカドーロ有馬記念を制したブラストワンピースマイルチャンピオンシップを制したステルヴィオと目移りするメンバーがエントリー。

ワグネリアンブラストワンピースも間隔があいての参戦で、この中でステップレースで順調にひと叩きしたのは、中山記念を経由したステルヴィオ。タイム差無しの3着なら上々。マイル向きかなという印象もあるが、大きな力差はないと見ても良さそうだ。

【ダービー卿CT】ロードクエスト 得意コースで4つ目のタイトル目指す

昨年の暮れはコンスタントに力を発揮したキセキ

【大阪杯】枠順と見どころ キセキ4枠6番 ブラストワンピース5枠7番
キセキ(2018有馬記念)

昨年の暮れは大活躍だったキセキも有馬記念以来で、激走の疲れが癒えているのかどうかがポイント。状態さえ問題なければ、楽々逃げ切れる実力はある。アーモンドアイの陰に隠れたが、この馬もジャパンカップでは驚くべきタイムで走れている。能力全開ならあっさりがあっても不思議ではない。

連勝が止まってしまったエアウィンザーは前走3着に敗れたが、馬場悪化とスローペースにハマってしまった印象もあり、まだまだ見限れない。休養明けぶっつけの実績馬が多いが、4歳勢を中心とした上位争いが濃厚か。注目の発走は15時40分。

1-1
マカヒキ
牡6・57.0・岩田康誠
友道康夫

2-2
ワグネリアン
牡4・57.0・福永祐一
友道康夫

3-3
アルアイン
牡5・57.0・北村友一
池江泰寿

3-4
エポカドーロ
牡4・57.0・戸崎圭太
藤原英昭

4-5
ムイトオブリガード
牡5・57.0・横山典弘
角田晃一

4-6
キセキ
牡5・57.0・川田将雅
角居勝彦

5-7
ブラストワンピース
牡4・57.0・池添謙一
大竹正博

5-8
サングレーザー
牡5・57.0・F.ミナリク
浅見秀一

6-9
エアウィンザー
牡5・57.0・浜中俊
角居勝彦

6-10
ステイフーリッシュ
牡4・57.0・藤岡康太
矢作芳人

7-11
ペルシアンナイト
牡5・57.0・M.デムーロ
池江泰寿

7-12
ステルヴィオ
牡4・57.0・丸山元気
木村哲也

8-13
スティッフェリ
牡5・57.0・田辺裕信
音無秀孝

8-14
ダンビュライト
牡5・57.0・松若風馬
音無秀孝

ブラストワンピース(2018有馬記念)