お出かけ日和が続く中、みなさんそろそろアート欲が出てきている方もいるんじゃないでしょうか。そんな方に向けて、今回は街中で、しかも無料で楽しめるアートイベントを3つご紹介します。公道で行なわれるサーカスや、3Dアート、さらにはアート本との偶然の出会いが楽しめるものまで、どれも期間限定の貴重なものばかり。その場でしか楽しめないアートをぜひ体感してみてください。

公道にサーカスが登場!? サーカスの祭典「Grand Nouveau Cirque」

大阪駅から徒歩3分のところにあるグランフロント大阪にて、新しいサーカス『ヌーボーシルク』の祭典「Grand Nouveau Cirque/グランヌーボーシルク」が3月30日と31日の2日間限定で開催されます。

『ヌーボーシルク』とは、フランス発の演劇、ダンス、音楽、現代美術、映像などの様々なアートとサーカスを融合した新しいサーカスのことで、同イベントは、“感謝とアート”をテーマに進めてきた、グランフロント大阪のまちびらき5周年イベントART SCRAMBLE」の一環として行なわれているもの。サーカスを鑑賞できるのはもちろん、サーカス体験ができるワークショップも同時開催されるんですよ。

また、今回のイベントは、国家戦略特区制度を活用した道路占用イベントになっており、公道にサーカスが登場するという今までにないものとなっているそう。サーカスは、パフォーマーと楽団による「クロワッサンサーカス」を中心に、「いくらサーカス」、「ミラーボールサーカス」が登場して、空中ブランコジャグリングなどのパフォーマンスを披露してくれるとのこと。サーカスを体験できるワークショップもあるので、サーカスを見るだけでなく、触れることもできるんですよ!ぜひ生での臨場感を楽しんでみてください。

今回は公道をステージに見立てての特別開催となるそう。
さまざまなパフォーマンスが無料で楽しめますよ♪

開催期間:2019年3月30日(土)・31日(日)
時間: 30日12:00~19:00(車道イベントは12:00~16:30)/31日11:00~19:00(車道イベントは11:00~16:30)
場所:グランフロント大阪・北館西側「いちょう並木」特設会場・北館1階ナレッジプラザ(大阪府大阪市北区大深町3-1)
入場料:無料
イベントサイトhttps://www.mbs.jp/gfo-gnc/

アートブックと偶然の出会いが楽しめる!「#006 TOKYO ART BOOK FAIR:Ginza Edition」

銀座ソニーパークでは現在、アートブックフェア「#006 TOKYO ART BOOK FAIR:Ginza Edition」を4月14日まで開催中です。会場には、平日のみ登場する「Art Book Vending Machine(アートブック販売機)」、国内外の個性豊かなアートブックZIMEを展示販売している「ZINE’S MATE SHOP」なども同時開催されています。

平日のみ登場する「Art Book Vending Machine」とは、週末のブース出展者より「出展料」として10冊ずつ集めた約1500冊を超えるアートブックがストックされている全長12メートルの販売機のこと。キーワードを選ぶと、それに紐づく一冊が受け取り口から出てくるので、アートブックとの偶然の出会いを楽しむことができます。

アートとの偶然の出会いが楽しめる「Art Book Vending Machine」。参加料は500円、または持参したアートブック1冊。

その他にもアーティストによる展覧会や、ワークショップトークショーなども合わせて開催されています。4月8日から最終の14日までは、東京を拠点とするファッションレーベルPUGMENTによるプロジェクトMagnetic Dress」の展覧会も開催される予定です。都会の中の公園で、アートブックとの出会いや魅力が満喫できる貴重な機会。ぜひ足を運んでみてください。

4月8日から最終の14日までは、東京を拠点とするファッションレーベルPUGMENTによるプロジェクトMagnetic Dress」の展覧会が開催される予定。

開催期間:~2019年4月14日(日)※ 混雑時は入場規制の場合あり
時間 :10:00~20:00
場所:Ginza Sony Park地下2F~3F(東京都中央区銀座5-3-1)
入場料:無料
イベントサイトhttps://www.ginzasonypark.jp/program/010/

無料で楽しめる3Dアート空間「OTEMACHI ART LABORATORIES」が大手町にオープン!

大手町プレイス地下2階に、「アート×ICT」を体験できるスペース「OTEMACHI ART LABORATORIES powered by GEIDAI COI」が4月4日オープンします。

こちらは、2019年4月~2019年12月末まで期間限定でオープンする「OTEMCHI PLACE Lab」の中の1つの空間で、「“ART LIVE!-創造する都市(まち)」をコンセプトに、期間中3つの「期間限定のアート×ICT体験スペース」が楽しめるもの。そのオープン第1弾として、ピーテル・ブリューテルの名画「バベルの塔」の謎に迫る「バベルの謎-アートデータサイエンスの創造-」が開催予定。螺旋状の空間の中で、「バベルの塔」の3D映像「Study of BABEL」をはじめとした視覚と音の空間体験が楽しめるんですよ。

第1期企画「バベルの謎 –アートデータサイエンスの創造-」。

また、オープン時には大手町プレイス2階カンファレンスセンター前ロビーにて「甦るべき明治~維新を支えた下絵の世界~」と題された、高岡銅器下絵&クローン文化財展示イベントも同時開催されます。明治期の絵師たちが製作した下絵や、現代テクノロジーと職人により製作された明治期の再現モデルを展示されており、時を超えたアートに触れることができますよ。3Dアートはその場でしか楽しめないもの。無料で楽しめるので、ぜひ気軽に体感してみてください。

3D映像を使って、アートに入り込むような感覚を味わうことができます。

開催期間:2019年4月4日(木)~6月28日(金)
時間:11:00~20:00
場所:大手町プレイス・ウエストタワー地下2F「Otemachi PLACE Lab」内(東京都千代田区大手町2—3-1)
入場料:無料
公式サイトhttps://otemachiplace.jp/

関連画像