スーパー大麦素材事務局は、3月下旬から全国の産婦人科約100施設で、食物繊維リッチな食生活を提案する啓蒙リーフレットと、スーパー大麦『バーリーマックス』のサンプリングを開始しました。便秘で悩むことが多い妊娠中の女性や、鉄分などのミネラルビタミンが不足しがちな妊産婦に食生活の見直しと、腸内フローラが形成される3歳までの子供の食事を考える機会を提供するのが目的です。

啓蒙リーフレット『ねぇ、ねぇ、炭水化物ちゃんと選んで食べてる?』は、炭水化物の正しい理解を訴求し、炭水化物を選ぶことの重要性への気づきを与えることで食物繊維リッチな食生活を提案するもの。糖質制限ブームの中で、「炭水化物=糖質」という誤った理解から炭水化物を抜いてしまうと、食物繊維が不足し、便秘や腸内環境の悪化につながることを啓蒙します。

『バーリーマックス』は大腸の善玉菌のエサになり、腸内フローラを改善すると言われている難消化性でんぷん“レジスタントスターチ”を含む帝人のスーパー大麦。レジスタントスターチのほかフルクタン、β-グルカンという食物繊維を含み、すぐに消化されることなく大腸の奥までレジスタントスターチが届くのが特徴です。

サンプリング概要>
■実施内容:スーパー大麦「バーリーマックス」を産婦人科クリニックにて医療従事者から妊産婦へサンプリング
■実施対象:妊産婦
■配布物 :帝人スーパー大麦「バーリーマックス」試供品、啓蒙リーフレット、妊産婦への説明資料
■実施エリア:全国
■実施規模:10,000 人(約 100 クリニック
※今後、サンプリングをご希望の場合は、スーパー大麦素材事務局までご連絡ください。
尚、サンプルに限りがございますので、ご希望に添えない場合がございます旨ご了承ください。

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』
「炭水化物ちゃんと選んで食べてる?」 スーパー大麦『バーリーマックス』がママと赤ちゃんに食物繊維リッチな食生活を提案