Rソックスの強力打線に2被弾も…打線の援護もありリード守って降板

マリナーズ – Rソックス(日本時間30日・シアトル

 マリナーズ菊池雄星投手が29日(日本時間30日)、レッドソックス戦で本拠地初登板し、6回4安打3失点(自責2)5奪三振無四球と好投。メジャー初勝利の権利を持ってマウンドを降りた。“米国デビュー”のマウンドで2回にソロ弾を浴びるも、昨季世界一の強力レッドソックス打線を相手にしっかりと試合を作り、打線も力強く援護。マリナーズは3点をリードしている。

 菊池は初回から快投。先頭ベニンテンディをスライダーで空振り三振に仕留めると、昨季ア・リーグMVPの2番ベッツ、3番マルティネスを直球で右飛。わずか11球で3者凡退と好スタートを切った。すると、マリナーズはその裏にスミスの先頭打者弾、サンタナのソロ弾で2点を奪った。

 2回、菊池は先頭の4番ボガーツに91マイル(約146キロ)の直球をレフトスタンドに運ばれ、メジャー初被弾。それでも、ヌネスはスライダー、ディバースは高め直球で空振り三振。トラビスにはライトヒットを打たれたが、ブラッドリーはスライダーで空振り三振に仕留め、リードを守った。

 マリナーズはその裏、ナルバエスのソロで1点を追加。すると、菊池は3、4回と2イニング連続の3者凡退。この好投にマリナーズ打線も応え、4回裏に3点を追加して5点リードとした。

 菊池は5回、失策と不運なヒットで無死一、三塁とされるも、ブラッドリーは遊ゴロ併殺打。1点は入ったが、続くバスケスは左飛で3アウト東京ドームで行われた21日のアスレチックス戦では、勝利投手の権利まであと1死に迫りながら降板していたが、この日は5回をしっかり投げきった。

 6回は2死から強打者マルティネスに直球をセンターに運ばれ、この日2本目のホームランを浴びたが、続くボガーツを打ち取り3アウト。3点のリードを守り、勝利投手の権利を持って降板した。無四球で自身メジャー初のクオリティースタート(QS、6回以上を自責3以下)を達成。86球を投げてストライクは55球。2試合で防御率は2.53となった。(Full-Count編集部)

メジャー初勝利の権利を持って降板したマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】