公立3校はすべて市立高校 優勝経験のある龍谷大平安、智弁和歌山も8強入り

 第91回選抜高校野球は大会8日目を終え、ベスト8進出が出そろい、公立校が3校、勝ち上がった。市和歌山和歌山)、習志野(千葉)、明石商(兵庫)の3校で、すべて市立高校という珍しいケースとなった。準々決勝の第1試合は市和歌山習志野の公立対決となった。センバツ優勝経験のある龍谷大平安(京都)、智弁和歌山和歌山)も勝ち残った。和歌山県勢2校が8強入り。九州からは2校で、筑陽学園(福岡)は初出場ながら駒を進めた。

 準々決勝は31日に4試合行われる。組み合わせは以下の通り

○第1試合
和歌山和歌山)-習志野(千葉)

○第2試合
明豊(大分)-龍谷大平安(京都)

○第3試合
筑陽学園(福岡)-東邦(愛知)

○第4試合
明石商(兵庫)-智弁和歌山和歌山)(Full-Count編集部)

第三試合は智弁和歌山が勝利しベスト8が出揃う