少しずつ暖かくなり、自転車で走るのがとても気持ちの良い時期がやってきました。「『生活圏ではない地域』を訪れ自転車で走ること」は「サイクルツーリズム」と呼ばれ、参加人口は約7,800万人、国内マーケットは年間約1,256億円にものぼっています。

そしてこの度、サイクルツーリズム事業「ツール・ド・ニッポン」を主催する一般社団法人ルーツスポーツジャパンが、全国の15歳~69歳の男女1万人を対象にした「サイクリスト国勢調査2018」の結果を発表しました。自転車を楽しむ人たちの声を、早速チェックしてみましょう。

自転車の旅は「価格が安いこと」が魅力。絶景や土地の名物も重視

image by:Vandathai/Shutterstock.com

今回の調査に参加した15-69歳の男女のうち、サイクルツーリズム経験したことがある人の割合は53.2%。人数にすると約4,143万人にもなっています。

また普段とは違う行動範囲をサイクルツーリズムで訪れる際の予算は、1回あたり平均約3.1万円/人ということもわかりました。

車と違い駐車場などを気にする必要がなかったり、小回りがきくため路地裏なども行動しやすい自転車は、訪れたことのない場所を散策するのにもぴったりですよね。

調査では、実際に自転車で訪れた場所で消費をする時には「価格が安いこと」を最重視しているということも判明しました。

加えて「自転車を安全に保管できること」や「フリーWi-Fi」などの設備面も重視しているとのこと。地域を選ぶ時には「土地ならではの景観景を楽しめること」を最も重視し、「その土地ならではの名物」を求めているという結果も出ています。

image by:Rachin Mapanya/Shutterstock.com

さらに、自転車で走った地域について84%が「自転車でまた走りに来たい」と思っているよう。また77%が「この地域のことを友人にお薦めしたい」、69%が「自転車以外でまた観光しに来たい」とも思っていることがわかりました。

生活圏外を自転車で走る主な理由は「日常の移動手段」「健康やエクササイズのため」「旅行やレジャーの手段」「ツーリング」「サイクリングイベント」「レース」と6つに大別され、それぞれにモチベーションや、走る地域選びも変化してくるようです。

本格的な春を迎え、緑の中をゆったりと自転車で走る観光も楽しみたい季節。今回の調査結果を参考に、訪れたことのない場所での自転車旅を計画してみてはいかがでしょうか。

source:@Press

image by:anek.soowannaphoom/Shutterstock.com

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。 

TRiP EDiTOR

image by:anek.soowannaphoom/Shutterstock.com