ジブリの大博覧会、福岡に上陸




ジブリの大博覧会は数年前に東京で開催されましたが、福岡では初めての開催になります。



会場である福岡市博物館は、福岡の天神から高速バスに乗って約20分ほど。 

まず一階のホールに入ると、目に入るのは、映画に登場する飛行艇の展示。「天空の城ラピュタ」に出てくる巨大な飛行艇が実際に上がり下がりしていました。福岡市博物館ホールはとても広い空間ですので映えましたよ!

飛行艇にはたくさんの小さなプロペラやオールがあり、機械仕掛けで動くのですが、定期的に上に行ったり、下に行ったり、虫っぽい動きがうまく表現されていました。



一階で入場券を買って中に入ります。大人と大学生1400円でした。中、高生は1000円。4才から小学生は600円。

館内は写真撮影禁止でした。
あー残念。

ジブリのすべての仕事を紹介!

館内にはこれまで30年の間に作成されたジブリのすべての作品のポスターグッズ(非売品)の展示がありました。時計類から紙袋に至るまでです。

ジブリの集大成である「ジブリの大博覧会」と言うだけあり、濃い内容。本当に汗と涙の30年が思い起こせる感じでした。

会場には、実際に作成現場のデスクや本棚の再現や各映画の紹介も。本棚にはたくさんの分厚いファイルもあり、実際に手に取り見てみたい気になりました。原画の展示もあります。

館内は写真撮影禁止とはいえ、ねこバスのところだけ、みなさま写真撮影会のようになっていました。



係の方からもご注意がないようでしたので、ちょっと撮らせていただきました。ポニョの実物大のフィギュア、動く飛行艇の展示もありましたよ。

巨大なオーム出現!

一番の圧巻はオームの巨大なフィギュアです。

なんと、囲いもなく触れそうな距離まで、近づいて見ることができました。前日にテレビで見ていたのですが、このオームのフィギュアは組み立てるのに丸一日かかったそうです。目測で高さ約2メートル超えで、長さ約3メートルらい。長さは思ったよりも短かったです。目の色が定期的にブルーからブルーグリーン、そして赤に変わっていました。

全体像を見ると、映画で見るより大きく華麗になっているような印象。こんな大きな虫がもし大群でいると怖いですね。ちょっと想像してしまいました。しかも目が赤いともっと怖いですね。

腐海の光景も再現されていて、他の虫達や腐海の植物も置いてありました。お写真でご紹介できないのが残念です。

ジブリの大博覧会を出たところにはギフトショップがあり、ジブリグッズがたくさん販売されていました。



オームのフィギュアもありました!



オリジナルクッキーも可愛かったです。



ジブリワールドにどっぷり浸かった気分になりました。

30年という時間の中で、ジブリの作品を見た時代の記憶が蘇る「ジブリの大博覧会」でした。

子どもと一緒に行ったのですが、子どもから「本当はママが行きたかったんでしょう?」と上目遣いで言われてしまいました。バレバレでした(苦笑)。
 
FBS開局50周年 ジブリの大博覧会~ナウシカからマーニーまで~

展示期間:2019年3月15日(金) ~ 6月23日(日)計88日間
お休み:月曜は休館日(ただし、4月29日(月・祝)、5月6日(月)は開館。5月7日(火)は休館。)
時間:9時30分 ~ 17時30分 ※最終入館17時
会場:福岡市博物館福岡市早良区百道浜3丁目1-1)

ジブリの公式ホームページ
https://www.ghibli-fukuoka.com/

福岡市博物館ホームページ
http://museum.city.fukuoka.jp/

ネコバス