プレミアリーグ第32節が30日に行われ、クリスタル・パレスホームでハダースフィールドを2-0で下した。この敗戦を受け、ハダースフィールドは歴代最速でチャンピオンシップイングランド2部)への降格が決まった。

 ハダースフィールドは今シーズン、32試合を消化した段階で3勝5分け24敗で勝ち点14に留まっていた。チーム総得点数も18ゴールと他クラブに比べて圧倒的に少なく、得点力に欠けていたことも拝見できる。

 今節で降格争いに絡んでいたサウサンプトンバーンリーが両者共に勝利を収めたことから、ハダースフィールドの2部降格が決定。2007-08シーズンダービーと同率で歴代最速の降格決定を喫することとなってしまった。

 同クラブ2017-18シーズンプレミアリーグへと昇格。1972年以来の1部入りを果たし、昇格したシーズンは9勝10分け19敗で16位となり、降格争いに巻き込まれるも残留を果たした。しかし、1部復帰2年目は厳しいシーズンとなり、第11節のフルアム戦まで未勝利となっていた。

 シーズン終盤を迎え、優勝争いに多くのファンが注目を集める中、残留をかけた降格争いも本格化してくること間違いなしだ。

ハダースフィールドは同率で歴代最速の降格となった [写真]=Getty Images