ダウンしたアルバレス(右)にパンチを浴びせるナシューヒン

ONE Championship
ONE:A NEW ERA IN TOKYO」
2019年3月31日(日)東京・両国国技館

▼第10試合 ONEライトワールドGP準々決勝 5分3R 
エディアルバレス(35=アメリカ/元UFC世界ライト級王者) 
TKO 1R 4分05秒 ※パンチ連打→レフェリーストップ 
〇ティモフィ・ナシューヒン(29=ロシア/FILAパンクラチオン世界選手権優勝) 
※ナシューヒンが準決勝へ進出。 

 UFCから移籍して日本でONEデビュー戦を行うアルバレスは、ONEライトワールドGP1回戦としてナシューヒンと対戦。ナシューヒンは現ライト級王者エドゥアルド・フォラヤンを飛びヒザ蹴りからのサッカーボールキックで失神KOしている強豪だ。 

 アルバレスは2006年6月、『MARS』(現在は消滅)の両国国技館大会に初来日して試合を行い、1RでTKO勝ち。思い出の国技館に13年ぶりに帰って来た。 

 1R、アルバレスは上下に身体を動かしながらプレッシャーをかけていき、ナシューヒンは左右のパンチを繰り出すがアルバレスはかわしていく。ナシューヒンの3連打がアルバレスを捉える。 

 さらにナシューヒンが右フックからの左フックを浴びせると、アルバレスが身体を丸めて下がる。そこへナシューヒンが連打。右のパンチが連続してヒットし、そのまま右の連打でアルバレスをダウンさせて追い打ちの右。アルバレスが完全にしゃがみ込んでしまったところでレフェリーストップ。ナシューヒンが大番狂わせのTKO勝ちを飾った。 

※全試合結果はこちら

ダウンしたアルバレス(右)にパンチを浴びせるナシューヒン