安田大サーカスクロちゃんが、4月1日(月)からレギュラー番組として復活する「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(毎週月曜夜0:20-0:50、テレビ朝日系)の初回に“甘汁モンスター大迷惑先生”として登壇。全く努力することなく、甘い汁ばかりを吸って楽して生きてきたことを白状し、衝撃の事実をテレビ初告白する。

【写真を見る】クロちゃんの不遜な態度に殺気立つ生徒たち

同番組は、過去に“しくじった”ことのある人物が先生となり、同じ過ちを犯す人を増やさないようにエピソードや教訓を語る“反面教師バラエティー

クロちゃんの授業では、戦慄のクズっぷりが次々に明らかとなっていく他、生徒にまですぐばれるウソをつき、先生役の若林正恭(オードリー)、生徒役の吉村崇(平成ノブシコブシ)、澤部佑(ハライチ)、高山一実(乃木坂46)、福田愛依、真野恵里菜らがドン引きする。

これには若林が「以前の深夜(時代)でもこんな回なかったぞ!」とあきれ、吉村も「こいつが日本を駄目にしてるんだ!」と言い放つなど、怒号や悲鳴が飛び交う事態に。

揚げ句の果てには若林が「提案なんだけど…(みんなで)楽屋に帰らない?」と言い、澤部も「サッカーの“無観客試合”みたいに、”無観客収録”にしよう」と同調。ボイコット寸前になるほど大混乱になる。

クロちゃん「生徒たちがギャーギャー騒いで…」

一方、クロちゃんは収録後に「“反面教師”として教壇に立ったのに、生徒たちがギャーギャー騒いできちんと聞いてくれなかった!『しくじり学園』は風紀が乱れ過ぎていますよ!」と語り、大荒れ授業の責任を生徒たちに転嫁。

しかし、記念すべき初回の先生に選ばれたことには「やっぱり最初って大事じゃないですか! だからしっかり授業をやってあげようと思いましたね」とやや“上から目線”ながらも責任感を持って臨んだことを明かし、「魂を込めて僕の信念、ポリシーを語りました。『しくじり学園』の乱れた風紀を正そうと頑張る、クロちゃん先生の大立ち回りを見てください!」とアピールした。

そんな中、授業で得た教訓については「ヤバイとかキモイとか言われるたびに、僕は『そんなことないよー』って返すんだけど、これからは一度はみんなの言うことをしっかり聞いて、違うか違わないのかという判断をしようと思いました。でもだいたいみんなが間違っていて、僕は間違っていないので、やっぱり何も変えないでおこうと思います」と述べるなど、全くもって反省していない様子だ。

また、地上波放送直後の深夜0時50分から「Abemaビデオ」で、「AbemaTV限定 20分以上の未公開シーン」を盛り込んでオンエア。さらには、AbemaTV限定オリジナル企画も展開する。

AbemaTV限定オリジナル企画には、クロちゃんが唯一恐れる存在である安田大サーカスリーダー・団長安田が登場。“甘汁モンスター”のクロちゃんを更生させるべく、ドッキリを仕掛ける。(ザテレビジョン

クロちゃんが「しくじり先生―」の初回授業に登壇する