ソフトバンクは昨年のリーグ覇者・西武を3タテ

 プロ野球がいよいよ開幕した。今シーズンも週毎を区切りとして週間の投打5傑を紹介する。パ・リーグから。

1週目のパ・リーグ

パ・リーグ第1週(3/29-3/31)】

1ソフトバンク(3試3勝0敗0分 率1.000)
1日本ハム(3試2勝0敗1分 率1.000)
3楽天(3試2勝1敗0分 率.667)
4ロッテ(3試1勝2敗0分 率.333)
5オリックス(3試0勝2敗1分 率.000)
5西武(3試0勝3敗0分 率.000)

 昨年の日本一球団・ソフトバンクが開幕戦をスイープ、快調に滑り出した。対戦した昨年のリーグ覇者、西武が3連敗。明暗を分けた。

【打者5傑】

○安打
1今宮健太(ソ)6
1福田周平(オ)6
1ウィーラー(楽)6
4中村剛也(西)5
4牧原大成(ソ)5
4柳田悠岐(ソ)5
4近藤健介(日)5
4西川遥輝(日)5
4メネセス(オ)5

本塁打
1ウィーラー(楽)3
1レアード(ロ)3
3柳田悠岐(ソ)2
3中田翔(日)2
3山川穂高(西)2
3加藤翔平(ロ)2

○打点
1中田翔(日)9
2ウィーラー(楽)8
3柳田悠岐(ソ)6
4レアード(ロ)5
4山川穂高(西)5

○盗塁
1柳田悠岐(ソ)3
2中村奨吾(ロ)2
2福田周平(オ)2
2西浦颯大(オ)2
5辰己涼介(楽)1
5西川遥輝(日)1
5後藤駿太(オ)1

○打率 規定打席以上
1今宮健太(ソ).545
2柳田悠岐(ソ).500
3ウィーラー(楽).462
4近藤健介(日).455
5上林誠知(ソ).444

○RC(Run Create)打者の総合指標 安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味
1ウィーラー(楽)6.48
2柳田悠岐(ソ)5.43
3レアード(ロ)4.90
4上林誠知(ソ)4.36
5西川遥輝(日)4.23

 楽天のウィーラーが6安打3本塁打スタートダッシュ日ハム中田は開幕戦のサヨナラ満塁本塁打など3試合で9打点の荒稼ぎ。ソフトバンクの柳田は2本塁打3盗塁、打率5割。2015年以来の「トリプルスリー」に期待を持たせるスタートとなった。

投手は…

【投手5傑】

○勝利数
1ミランダ(ソ)1
1甲斐野央(ソ)1
1高橋礼(ソ)1
1有原航平(日)1
1浦野博司(日)1
1酒居知史(ロ)1
1石橋良太(楽)1
1美馬学(楽)1

セーブ
1森唯斗(ソ)2
2ハンコック(日)1
2益田直也(ロ)1

ホールド数

1嘉弥真新也(ソ)2
1奥村政稔(ソ)2
1宮西尚生(日)2
1澤田圭佑(オ)2
1宋家豪(楽)2

奪三振
1有原航平(日)8
2山岡泰輔(オ)7
3千賀滉大(ソ)6
3甲斐野央(ソ)6
3今井達也(西)6

防御率(規定投球回数以上)
1有原航平(日)0.00
1千賀滉大(ソ)0.00
1森唯斗(ソ)0.00
4高橋礼(ソ)1.50
5石橋良太(楽)3.00

○PR(Pitching Run)投手の総合指標:(リーグ平均防御率-投手の防御率)×投球回÷9で算出 リーグ防御率は4.12
1有原航平(日)3.20
2千賀滉大(ソ)2.74
3高橋礼(ソ)1.74
4森唯斗(ソ)1.37
5甲斐野央(ソ)1.21

 日ハムの有原が7回零封、ソフトバンクの千賀は6回零封。高橋礼は6回自責点1。完投した投手はいなかった。オリックス、西武は初勝利を挙げていないためまだ勝利投手がいない。救援投手では、ソフトバンクの森が3試合すべてに登板して零封2セーブ。また嘉弥真とドラ7の新人奥村政稔が2ホールド。ソフトバンク選手の活躍が目立った週だった。(広尾晃 / Koh Hiroo)

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】