4月1日11時40分頃、新元号が「令和」となることが発表された。
官房長官が「令和」と書かれた額を掲げた姿は、今後幾度となく目にすることになるだろう。

ネット上でフリーイラスト素材を多数提供している、おなじみ『いらすとや』さんは即座に「令和の元号を発表する人」のイラストアップ。「仕事がはやい」と称賛される。

参考記事:
「仕事がはやい」 『いらすとや』さんが「令和の元号を発表する人」のイラストアップ
https://getnews.jp/archives/2138755[リンク]

その後も、
「平成から令和に変わるカレンダーイラスト
「書類の元号を修正している人のイラスト
「令和に対応したコンピューターシステムイラスト
「『令和』『令和元年』のイラスト文字」
などなど、次々に新元号「令和」関連のイラストアップしていたが、夕方には


というイラストアップした。

掲げた新元号の額が手話にのワイプに隠れてしまっているイラスト、実際にNHKの中継で起こったミスであり、ネット上で話題になっていたもの。

早速再現した『いらすとや』さんに対し、

「マジで再現してくれたw」
「仕事が細かい」
「さすが、抜かりなしですね!」
ユーモアセンスありすぎw」

という返信が寄せられるなどして、こちらにも称賛が相次いでいた次第である。

※画像は『いらすとや』より

―― やわらかニュースサイトガジェット通信(GetNews)』
新元号発表のNHK中継にて手話ワイプで「令和」の額が隠れるミス 再現した『いらすとや』さんに称賛の声