読売ジャイアンツ東京ドームでのホーム戦で、“レジェンドOB”による生解説を聴きながら観戦できる「レジェンズシート」を提供している。

レジェンズシート」は4月に東京ドームで行われる全9試合で用意されており、ジャイアンツOBと対戦相手のOBが3塁側内野席の前方エリアにて解説を行う。これを専用イヤホンで聴くことができるという仕組みだ。

ジャイアンツOBと対戦相手のOBが、3塁側内野席の前方エリアから放送

ジャイアンツOBと対戦相手のOBが、3塁側内野席の前方エリアから放送

4月の試合では以下の巨人OBと対戦球団OBが解説を担当する(対戦相手OB/ジャイアンツOBの順)。

4月2日(火)田淵幸一氏/柴田勲氏(阪神タイガース戦)
4月3日(水)岡田彰布氏/角盈男氏(阪神タイガース戦)
4月4日(木)田淵幸一氏/篠塚和典氏(阪神タイガース戦)
4月12日(金)大矢明彦氏/定岡正二氏(東京ヤクルトスワローズ戦)
4月13日(土)真中満氏/川相昌弘氏(東京ヤクルトスワローズ戦)
4月14日(日)川崎憲次郎氏/仁志敏久氏(東京ヤクルトスワローズ戦)
4月27日(土)野村弘樹氏/清水隆行氏(横浜DeNAベイスターズ戦)
4月28日(日)齊藤明雄氏/川口和久氏(横浜DeNAベイスターズ戦)
4月29日(月・祝)山下大輔氏/槙原寛己氏(横浜DeNAベイスターズ戦)

なお、「レジェンズシート」の利用者からは、レジェンドOBへの質問も受け付けており、その回答は解説の中で行われる。さらに、質問を行った利用者を、抽選で試合後に行われるグラウンドツアーに招待。ジャイアンツが勝利すると、ヒーローインタビューを見学したり、選手とハイタッチすることができる。

「レジェンズシート」の利用者に、球団OBが生解説を行う