ついに開幕したプロ野球。4連覇を狙う広島カープ、大型補強のジャイアンツが優勝候補筆頭に挙げられるセ・リーグのなかで、虎視眈々と力をつけているチームヤクルトスワローズだ。その魅力は他球団も警戒する「打撃力」。一昨年から脅威のレベルアップを果たした秘密を、石井琢朗1軍打撃コーチに聞く。(JBpress

JBpressですべての写真や図表を見る

最下位からジャンプアップした攻撃力

 車を降りる姿を目にして、一瞬戸惑う。手にしたゴルフクラブ。「今日、オフだった・・・か?」。思わずチームスケジュールを確認する。

 19時前、練習を終えた選手が続々と食事に出かけていく中、ヤクルトスワローズ1軍打撃コーチ石井琢朗はそんな姿でホテルへと戻ってきた。

「球団ワースト記録の96敗で最下位」という屈辱を喫したヤクルトが一転、昨年は2位にまで躍進した理由には打撃力アップがある。チーム打率はセ・リーグ1位(一昨年は最下位)。打撃10傑にはなんと4人の選手(青木宣親、雄平、坂口智隆山田哲人)が名を連ねた。得点数は、一昨年の473から658(リーグ2位。1位は広島カープ)と200点近く増えている。

 その破壊力は今年も健在で、オープン戦チーム打率は12球団中3位、得点数は2位である。

 打撃力向上の理由はいくつか挙げられる。二度目の指揮官復帰となった小川淳司監督のもと、生え抜き宮本慎也ヘッドコーチに就任し、メジャーからは青木宣親が戻ってきた。

 そして1軍打撃コーチに就任した石井琢朗の存在だ。

 打撃コーチのキャリアは3年、今年4年目を迎える。そのスタートとなった広島カープでは2年連続でチーム打率リーグ1位に導き、リーグ連覇に貢献した。

 つまり、石井が1軍打撃コーチを務めたチームは3年連続で「チーム打率リーグ1位」を記録しているのだ。

 当の石井は、チームの躍進と打撃力アップについてこう言う。

「全体で言えばまだまだ発展途上。だから去年に関しては青木の存在だよ。ベテランって本来だったら一歩引いたところでチームや選手を見て、背中を押してあげる存在なんだけど、青木の場合は自分が先頭に立って、声を出して、ベンチの中でも鼓舞してるっていう感じだったから。やっぱり、青木だよね」

「発展途上」。もちろん、その通りなのだろう。しかし、カープでもヤクルトでもこれだけ飛躍的に数字を向上させたことは結果が示している。

十数種類の「練習法」

 その答えの鍵となるのが、冒頭のゴルフクラブだ。当たり前だが、ゴルフをしていたわけではなく練習に使っている。キャンプ中、開幕スタメンを手繰り寄せることになる期待のスラッガー・村上宗隆ゴルフクラブで公式球サイズプラスチックボールを打たせ続けた。

「面を見せず(体を開かない)に、しっかりと右腕に張りを作ってスイングさせるため」

 この練習の意図をそう話した石井だが、実はカープでもヤクルトでも、一見、野球と関係がないようにみえる練習方法を発案し、選手に提案している。

 その一つが、メトロノームを使った素振り。メトロノームの鳴らす音に従って、選手たちが力強く素振りをする。

「スイングの再現性を高めてほしいから。ヤクルトに来て、シーズンをとおして(相手ピッチャーに対して)同じバットスイングができない選手が多いな、と思った。みんな力はあるのにそれが発揮できていない。だから(メトロノームの)一定のリズムで、同じタイミングで同じスイングを何回も何回もすることで、再現性を身につけてほしいな、と」

 ピッチャーリズムに合わせて打たなければならないバッターは常に受け身である。自分の間(ま)で振れる打撃練習などとは状況がまったく違う。

「相手はそれに合わせてくれないからね。(メトロノームリズムに合わせる)そういう状況の中で、同じスイングができるようになれば、と思っています」

 他にも、ソフトボールを用いたティーバッティング、折れたバットを使ったバット投げテニスで使用されるインパクトで音が鳴る器具を自腹で購入し使わせたこともあった。その練習に取り組むのは、レギュラーも若手も関係なく、キャンプ中、主砲・ウラディミール・バレンティンが、ティーバッティングで顔を歪めていると思ったら、バッティング終了後に鉛の入ったベストをドスンと落としていたシーンには驚いた。

 取り入れた練習方法はなんと数十種類に及ぶ。

なぜ、選択肢を選手に与えるのか

 一般的に、コーチは「こうしなさい」とアドバイスをすることが多い。指導する側として結果が出るまでのプロセスを理解していて、どういう練習をすればいいかわかっているからだ。

 しかし、石井はそうしない。あえて複数の、それもこれまでやったことがないような練習方法を取り入れ、選手に提示する。なぜか。

「こうやれ、って指導をしたら、逆に選手たちに逃げ道を作ってしまうことになると思うんだよね。『言われた通りにやってできないじゃないか』とかね。それは自分も経験してきたし、そういう選手も見てきた。だったら、こっち(コーチ)は選択肢を与えてあげて、選手が考えて選んでやったほうがいい」

 そしてもうひとつ、「こうしなさい」という指導のデメリットを指摘した。

「感性にしても技術的なことにしても、対応力にすごく乏しい選手、臨機応変にできない選手になってしまう。例えば、そのメニューがなかったら何もできない。その場所にいつもの器具なかったらトレーニングができないというふうに」

 言い終わると、笑いながらこう付け足す。

「『これだけやれ』って言って、うまくいかなかった(コーチである)自分の責任になっちゃうから、自分への逃げ道かもね」

 インタビュー中、自身が取り組んできたことに「やるのは選手だから」「ヤクルトは(特に若手が)まだまだ発展途上」と繰り返した。

 しかし、節々に飛び出す「言葉」には石井のコーチ哲学ともいえるそれが隠されている。

コーチは答え(結果)を教えることはできない。でもヒットを打つ、得点を取る・・・といった答え(結果)はわかる。その答えが『10』だとしたら、『10』への導き方ってたくさんあるわけ。5+5、8+2、3+7・・・。決してひとつじゃない。それを示すことがコーチの仕事だと思っている」

 ゴルフクラブメトロノームも、重いベストも、そのものをこなすこと「だけ」に意味はない、ということだろう。

 ちなみに石井は「野球のゲーム」についても同じように考えている。チームが勝つために必要な答え、そこに至るプロセスには無数の選択肢がある。例えば「1点を取る」という答え。その方法は、ホームランもあれば、スクイズもあるし、ゲッツー崩れの間に、ということもありうる。どれも同じ1点。答えまでの道順が違うだけだ。

 例えば、ノーアウト満塁で打席が回ってきた選手に対し求める結果は、ヒットなら満点、フォアボール犠牲フライは及第点、ゲッツーは落第点。そんなイメージを抱くが、石井は「どれも1点、評価する。その1点で勝つことがあるわけだから」と言い切る。そして「だから、三振だけはだめだけど」とも。

「塁に出るという答え、ランナーを進めるという答え、点を取る、という答え。どれも勝ちに向かうために必要なものなんだけど、そのどれも方法はひとつじゃない。それを与えられれば、打席での考え方が変わってくるし、余裕も出てくる」

 カープの取材を続ける記者に、その打撃力のすごさを尋ねたとき、「得点のバリエーションが多い。それは進塁させる、出塁にしてもそう」と言っていたことを思い出した。

与えるだけではない、やらせる

 石井の深謀はそれだけに留まらない。

 数多くの練習方法をわざわざ「野球以外」のところから探してくるのは、「選手たちに飽きさせないため」だ。

 このように、選手の気持ちをうまくコントロールしていくのは石井琢朗の真骨頂である。

 例えば、先のカープ担当記者も舌を巻いた、という練習方法「ローテーションバッティング」がわかりやすい。通常、キャンプでは選手がいくつかの班に分かれ、メイン球場、サブグラウンド、室内練習場などを移動しながら、それぞれの練習に取り組むが、石井の考案した「ローテーションバッティング」は、それをひとつの球場で行う。今キャンプでは7種類の練習が一つのグラウンドで繰り広げられていた。

 安全に配慮しネットを分け、打撃練習をする選手がみな一つの場所にとどまるわけだ。

 カープでもヤクルトでもその光景は同じなのだが、その意図にはこうだ(ちなみにストレートに尋ねると、「移動が面倒だから」と煙に巻かれてしまう)。

「自分が現役のときの経験で、移動しながら練習をするのは効率が悪いなとは思っていて。それに選手が自分の目が離れる場所にいると、状態が分からなくて不安になったりもする。それで、じゃあ一か所に集めよう、と思ったわけ。でも、一番は選手に暇な時間を作らせないことかな」

 「暇な時間」。ローテーションと名のつく通り、トスバッティングが終われば、フリーバッティング、それが終われば次の練習・・・と、選手は次々とメニューをこなさなければならない。一つ一つの練習をする場所が分かれていれば、移動時間や、自分の番までの待ち時間などができるが、この仕組みだとそういう「空いた時間」が一切ない。

「振る量を増やすことは大事。でも、ただ振っておけ、と言ったってしんどいだけで続かないし、質もよくならない。だから(ローテーションという)仕組みを作って、その中で、振らなきゃいけないようにしている」

 言葉は悪いが、「強制する仕組み化」をしているのである。

うまくなるのには順番がある

 念頭にあるのは、昨今叫ばれる「自主性」一辺倒に対する危機感だ。トップ選手たちの技術や練習法は、昨今、いろいろなところで知れるようになった。選手間の垣根は減ってきているし、ネットで検索するだけでもいろいろな情報に触れられる。そこから得た、各々に合った練習をするために「個人練習」に代表される自主性が重んじられる風潮は、プロ野球界にもある。

「さっきも言ったけど、うまくなる、勝つためには最低限の量は必要だと思っている。最近は自主性が重視されていて、どうしても個人の練習時間を増やしがちだけど、それはその最低限のベースがあってこそだと思うんだよね。もちろん、トップ選手はそれでいいと思う。なぜかといえば、彼らには最低限のベースがあるから。でも、そこに至るまでのベースの部分がなければその自主性も意味がなくなる」

 石井はそう言い、続けた。

「もちろん、そういう部分がはまって結果が出る選手もいる。でも、そういう選手が一回、スランプに陥るともうもとに戻ってこれないっていうのもたくさん見てきたから。落ちても上がってこれる選手っていうのは、ベースがあるんだよね。戻ってこれる場所が」

 仕組み化することで作った土台には、先に提示した「選択肢」が貢献する。

「(自分たちで選ぶことで)責任感や、自主性はそういうところから生まれてくるのかなと思うんだよね。押しつけられて、言われたところでやるのって、言われたこと以外なにもできないっていうことになってしまうので」

 土台を作るために必要な最低限の量。それを「やらせる仕組み」作る。
 結果を出すために必要な選択肢と組み合わせを与える。そこで考えさせ自主性を生む。

 シンプルだが、それを実現させる仕組みを作ったことに「石井コーチ」のすごさがある。

 開幕では沈黙した打線だったが、石井の言う「発展途上」がどこまで前進できるか――あとは結果で証明するだけだ。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  緒方監督インタビュー、常勝カープは「戸惑い」から

[関連記事]

「失敗だらけの野球人生」楽天・平石監督の教訓

栗山監督は、いつも遠くから選手を眺めている

ヤクルトの打撃コーチとして2シーズン目を迎えた石井琢朗(写真:根原奉也)