代替テキスト

広瀬すず(20)が主演を担うNHK連続テレビ小説なつぞら』の出だしが好調だ。初回4月1日の平均視聴率は関東地区で22.8%(ビデオリサーチ調べ)。朝ドラとしては100作目の節目となるだけに、幅広い世代のファンを取り込んでいく仕掛けが満載だ。

第2話ではさっそく、歴代の朝ドラファンを喜ばせるネタが仕掛けられた。空襲後の東京で路頭に迷う幼少期の主人公・なつにサツマイモを手渡す役として、1961年の初代朝ドラ『娘と母』で主演を務めた北林早苗(75)が登場したのだ。

放送終了後、番組公式Twitterアカウントがこのことを種明かしすると、視聴者から《ただならぬオーラとただものでは無い感は感じました~》《少しだけの時間でも存在感がありました》と驚きの声が寄せられた。

北林は特設サイトでの取材で、後輩にあたる今後の朝ドラヒロインに対し、「とにかく心身の健康を維持して頑張ってほしいです! その結果、全国のみなさんや、共演者とスタッフにも愛される存在になれたなら、すばらしいと思います。視聴者の方は、孫を見る目の方もいれば、娘を見る目の方もいると思いますが、いろいろな世代の方から愛されるヒロインを演じきってほしいです」と主演経験者ならではのエールを送っている。

なつぞら』には、1983年『おしん』の小林綾子(46)、1988年純ちゃん応援歌』の山口智子(54)、1996年ひまわり』の松嶋菜々子(45)、2007年『どんど晴れ』の比嘉愛未(32)、2007年ちりとてちん』の貫地谷しほり(33)ら5人の歴代ヒロインの出演が決まっている。

歴代ヒロインの共演が見られる今作は、今後も話題が途切れなさそうだ。