2019年4月1日菅義偉官房長官により新元号「令和(れいわ)」が発表された。

首相官邸
※首相官邸ホームページより
 有識者による「元号に関する懇談会」や、衆参正副議長からの意見聴取、全閣僚会議を経て、閣議決定された新元号「令和」。出典は日本最古の和歌集「万葉集」の三十二首「梅花の歌(うめのはなのうた)」だという。

 すでに『万葉集』や関連書を発売する出版社が同書の増刷を決めたり、さまざまな便乗商品が発売されたりするなど、早くも「令和特需」が各地で巻き起こっている。

 新元号は新天皇が即位する5月1日午前0時より施行されるが、実際、元号が変わることで、私たちの生活にはどのような影響があるのだろうか? 今回は知っておくと便利な改元にまつわる雑学をまとめたので、参考にしてもらいたい。

運転免許証:「平成」のままでもOK

 和暦を使ったモノで、まず頭に浮かぶのは「運転免許証」の有効期限の表記だ。すでに存在しない「平成32年◯月◯日まで有効」と書かれた免許証も発行されているが、どうなるのか?

 警視庁の発表によれば、、5月1日以降でも「平成」が記載された免許証を使うことができる。また、今後は「2019年令和元年)◯月◯日まで有効」と、西暦と和暦を併記した免許証を交付するそうだ。

 ちなみに、新元号が記載された免許証は5月5日以降に交付されるという。ちなみに、和暦だけでなく西暦を記載するようになった理由、改元ではなく、外国人運転免許所有者が増えたことが要因と言われている。

硬貨:10月頃に硬貨6種類が出まわる

硬貨

 続いて、身近なモノといえば「硬貨」が挙げられる。こちらは「昭和」や「平成」に発行された硬貨が流通しているので、有効期限切れになる心配はないが、新元号が記載された硬貨はいつ頃、お目にかかるのだろうか。

 貨幣の製造を行う大阪市の造幣局によれば、まず、硬貨に文字や図柄を刻む金型の製作などの準備に3か月ほどかかるそうだ。

 それから、発行枚数が多い500円100円から優先的に製造し、流通し始めるのは7月下旬以降。その他もふくめた6種類すべてが出そろうのは10月頃になる見込みだ。

書類:訂正印がすでに発売されている

 平成から令和へのシステム改修も進んでいるが、書類などの「平成」はどうしたら良いのか? すでに二重線で消すといった訂正印が発売されているので、購入しておくとよいだろう。

 Amazonや楽天などのネット通販サイトでは「平成」を二重線で消して「令和」にできる訂正印が1個数百円で発売されている。こうした訂正印の需要は、5月1日に向けて徐々に高まっていくものと見られる。メーカーも急ピッチで生産を拡大しているそうだが、必要な人は品薄になる前に手に入れておこう。

ネット変換:スマホで「令和」を一発で出すには?

 本記事執筆の4月2日時点で、手持ちのiPhoneや、Androidスマホはまだ新元号「令和」には対応しておらず、「0話」「礼和」といった表示が出てしまう。こうした問題は徐々に対応されると思うが、すでに不満があるなら、とっとと単語登録しておくのが吉だ。

 iPhone XR(iOS12.2)を例に、ユーザー辞書に新たな言葉を登録する。「設定」「一般」「キーボード」「ユーザー辞書」の順で、タップしていこう。

スマホ

 もし今までに辞書登録したものがあるなら、その一覧画面になるので、画面右上にある「+」をタップしましょう。

スマホ
右上をタップ
「単語」と「よみ」を入力し、「保存」を押せばOK。

スマホ
「保存」を押すのを忘れずに
これで「れいわ」と入力したときに一発で「令和」と出るので便利だ。

スマホ
「令和」が出た!
 Androidの場合は「言語と入力」の画面で、「Google日本語入力」を選び、「辞書ツール」とタップしていけば、同様に単語登録ができる。ちょっとめんどくさいかもしれないが、早めにやっておけば後で便利になるので、覚えておいて損はない。

TEXTシルバー井荻>

【シルバー井荻】

平成生まれのライター編集者です。本名です。

※首相官邸ホームページより