ビデオリサーチは、関東地区における平成30年間(1989年1月1日2018年12月31日)のテレビCM出演タレントランキングを発表。上戸彩がCM女王に輝いた。

【大きい画像を見る】所ジョージ【写真:竹内みちまろ】



 同ランキングでは、平成30年間のテレビCM出演累積秒数を集計。1位となった上戸は、2001年に「日清 カップヌ-ドル」で初めてCMに出演して以来、「ソフトバンク」「AOKI」などを中心に同一企業で長く出演を継続。2007年から出演しているソフトバンクは、上戸の総出演量の40%以上を占める結果となった。

 2位は男性トップ木村拓哉。木村は1993年に「大塚製薬 オロナミンC」でCMに初出演。以降は、「TBCグル-プ」「日本中央競馬会」などに出演したほか、「トヨタ自動車」「富士通」「ニコン」など上戸と同様に同一企業での長期起用が出演量を押し上げた。

 3位は所ジョージ。所は、「ミスタードーナツ」「大正製薬 ZENA」に加え、「日本宝くじ協会」の出演が目立った。平成30年間のテレビCM出演タレントランキングは次の通り。

平成30年間のテレビCM出演タレントランキング
1 上戸彩
2 木村拓哉
3 所ジョージ
4 阿部寛
5 綾瀬はるか
6 樋口可南子
7 玉木宏
8 仲間由紀恵
9 唐沢寿明
10 香取慎吾
11 イチロー
12 妻夫木聡
13 米倉涼子
14 中居正広
15 役所広司
16 織田裕二
17 和田アキ子
18 西田ひかる
19 藤原紀香
20 菅野美穂【ほかの画像を見る】上戸彩【撮影:小宮山あきの】

上戸彩【撮影:小宮山あきの】