食を中心にライフスタイルに関する調査分析を行っている(株)BMFT(東京都港区南青山7-4-2 3F)は、4月5日、健康と食の動向を捉える調査報告書『飲食するヘルシー Healthy Iteam』を発売します。発売に際し調査結果の一部を発表します。

ヘルシーコンシャス食品のランニング
1位はヨーグルト
2位、3位、4位は、納豆、牛乳、豆腐の順。

健康を意識して食べている食品を「ベルシー・コンシャス食品」と呼びます。
全国の20-69歳男女を対象者にし、「ベルシー・コンシャス食品」調査した結果は、順位でみると1位は「ヨーグルト」です。以下、2位「納豆」、3位「牛乳」、4位「豆腐」になります。

5位には生鮮の食材の「緑黄色野菜」が入り、6位は「トマト」、いずれも野菜です。この他に、野菜類では「たまねぎ」「ほうれん草」「キャベツ」が上位になります。

野菜類以外の食材では、7位に「たまご」、12位に肉類の「豚肉」はあがり、魚介類では17位の「サバ」トップです。



ヘルシーコンシャス食品の順位変化
ヨーグルト、納豆、牛乳、豆腐は、1~4位で、ここ3年間不動のランキング

「ベルシー・コンシャス食品」の1位から4位までの食品はここ3年変化はありません。「ヨーグルト」、「納豆」、「牛乳」、「豆腐」がここ3年間不動のヘルシーコンシャス食品です。

2018年に順位アップしたのは、オリーブオイルと魚介類の「サバ」。

2017年に比べ2018年に順位アップしたのは、魚介類の「サバ」、それと「オリーブオイル」です。「サバ」と「オリーブオイル2018年に注目されたヘルシーコンシャス食品といえます。

2014年から2017年まで大きく順位アップしてきたのは「チーズ」と「たまご」ですが、ともに、2018年2017年に比べて順位ダウンしています。ここ数年順位アップしてきた「チーズ」と「たまご」は、2017年にピークをうったヘルシーコンシャス食品と言えます。



〔調査概要〕
対象者 :20-79歳の一般男女
※ここでは発表したのは時系列分析を行った20-69歳男女の結果です。
回収サンプル数 :1200人 (集計対象数)
※20-69歳男女は1000人の結果です。
地域 :全国
実施時期 :2018年12月1日~5日
※これまで2006年から13年、調査はすべて12月に実施しています。

この調査報告書の内容と購入方法はここでみることができます。
http://www.bmft.jp/HealthyFoodItems2019.php



〔会社概要〕
(株)BMFT ビーエム・エフティー
所在地:〒107-0062 東京都港区南青山7-4-2-3F
hone:03-5466-7190
Fax:03-5466-7191
Email:info@bmft.co.jp

(株)BMFTについては、ここでみることができます。
http://www.bmft.jp/

配信元企業:株式会社ビー・エム・エフティー

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ