"時代劇史上最も優しく強い主人公"を描いた映画「居眠り磐音」のプレミアムイベント4月4日、東京・有楽町朝日ホールで行われ、主演の松坂桃李をはじめ共演の木村文乃芳根京子、柄本佑、杉野遥亮西村まさ彦、中村梅雀、柄本明、メガホンをとった本木克英監督、原作者の佐伯泰英氏が出席した。

【フォトギャラリー】そのほかの画像

江戸で浪人暮らしを送りながら、昼間はうなぎ屋、夜は両替屋の用心棒として働く磐音(松坂)が、時に下町の人々とあたたかく交流し、時に悪を颯爽と斬る姿を描く。出演していたピエール瀧の逮捕により一時は公開が危ぶまれていたが、奥田瑛二を代役に立て再撮影を行っていく。松坂は「皆様の応援と支えのおかげで、無事、公開いたします」と宣言し、満場の客席に「映画というものはたくさんの人の応援と支えで成り立っていると、今日改めて実感しています」と感謝の念を示した。

さらに本木監督も、「思わぬことでご心配をおかけしましたが、再撮影の目処が立ち、なんとかギリギリ仕上げ、さらにアップデートしてお届けできるようにしていきたいと思います」と意気込み。「あの一件の直後、何人もの俳優さんたちが『自分で良ければやるよ』と言ってくださった」と振り返り、「この場を借りて感謝申し上げたい」と感無量の面持ちを浮かべた。

原作の佐伯氏も、再始動の感激を隠せない。「あの日以来、本来必要でなかった膨大な作業に、スタッフの皆さんは今も費やされています。今回の事件を受けて、一部のマスメディアでは『いち出演者と作品は別物』としきりに取り沙汰されております。映画には作品ごとに異なった製作事情がありましょう。諸々を勘案して、個々の判断があってしかるべきだと私は考えています。ともあれ、出演者・スタッフの努力と熱意で、今作はほぼ完成している」としたうえで、「この難関を乗り越えて、完成へと再び力を振り絞る姿を見て、必ずいい作品に仕上がると確信しました。製作委員会の勇気ある決断と、スタッフの再挑戦を全面的に支持するものです」と諸手を挙げて称賛した。

一方で、松坂と5度目の共演となった木村は、現場を振り返り「今まで見てきたどの松坂さんよりも、すごく凛としていた。豪華キャストの皆さんを背負っているから重いのかなと、背中を見ていました」と頼もしげ。芳根は「『爪が大きいですね』と話したことが思い出ですね」とユニークに語り、松坂は「たまに言われるんです。爪が大きいって。曾祖母ちゃんの遺伝だと思います」と応じていた。

この日は、佐伯氏による書き下ろし短編を収録した文庫本が、入場者特典として上映劇場で配布(数量限定)されることも発表。佐伯氏が「京都の現場で松坂君の演技を見て、ふっと浮かんだ(物語)。闘牛士と君を重ね合わせた。この短編を君に捧げます」と目配せしたが、当の松坂は驚きのあまり「ありがとうございます……! ん? え、闘牛士の話ですか?」とピンときていない様子で、「まあ、読んで」と背中を押されていた。

「居眠り磐音」は、5月17日から全国で公開。

「映画はたくさんの人の応援と支えで成り立っている」